閉じる
閉じる
閉じる
  1. YouTuberへのロイヤルティに係る源泉徴収は外税控除不可
  2. 監査工数の増加等を理由に監査人交代で大手が後任に
  3. 会計限定監査役への損害賠償請求事件が最高裁へ
  4. オーナー企業の上場会社の常勤(?)監査役がオーナー一族は支持されるのか…
  5. 「人材確保等促進税制」Q&A等が公表されていました(経済産業…
  6. 寡夫控除の所得要件を憲法違反と争うも敗訴
  7. 電子取引データの電子保存、改正法施行日までに準備期間足りず?
  8. ISDN廃止に伴う移行費用の税務上の取り扱い
  9. 監査報告書のXBRLタグ付けに要注意
  10. ISSがバーチャルオンリー株主総会開催のための定款変更に反対推奨
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

公認会計士協会への会費は商事時効では消滅しない

東京地裁で、監査法人と公認会計士協会間で会計士協会の会費の消滅時効をめぐって争われた事案がT&A master No.857で紹介されていました。

この監査法人(2013年10月16日に解散)は5社と監査契約を行い、監査業務を行ったものの、業務会費については資金枯渇のため支払うことができなかったため、日本公認会計士協会が、監査法人存続期間中に監査法人の社員に対して支払を求めて裁判となったものです。

監査法人の元社員は、会計士協会外請求する会費請求権は弁済期から5年を経過しており、商事時効が完成していると主張したとされています。

これに対し、東京地裁は、業務会費請求権の消滅時効は成立していないとして、監査法人の元社員に対し会費(184万円)等を支払を命じる判決を下したとのことです。

「日本公認会計士協会が公認会計士法43条1項に基づき設立され、業務の改善進歩を図るための会員の指導や、公認会計士等の登録に関する事務を行う法人であることからすれば、同協会と監査法人との関係が商事取引にあるとはいい難く、業務会費請求権が商行為に属する法律行為から生じたものと解することはできないとの判断を示した」とのことです。

民法改正によって商事時効が廃止されているので、今後はいずれにしても10年で判断されることとなると考えられますが、業務を行うことで支払わなければならないとされているものなので、会費の支払は商行為として商事時効が適用されると考えてしまうということのほうが多いのではないかと感じました。

関連記事

  1. 元子会社の粉飾で親会社が損害賠償責任を負うこととされた事例

  2. 計算書類の追加情報は強制or任意?-期末日満期手形は開示が必要か…

  3. 会計限定の監査役登記の登録免許税は1万円に落ち着くようです

  4. 株主総会参加者の議案への賛否を総会検査役がビデオ判定ー大戸屋HD…

  5. 未作成だと会社法による計算書類等の謄本請求も効果なし?

  6. 責任限定契約の対象拡大-改正会社法(その9)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,172,836 アクセス
ページ上部へ戻る