閉じる
閉じる
閉じる
  1. 学生支援機構による「奨学金返還支援(代理返還)」は直接返済で給与課税さ…
  2. 東証-総会3週間前より前に招集通知等を電磁的方法により提供する努力義務…
  3. 株式評価損の過年度否認額を判断基準変更時に損金算入できる可能性
  4. 2021年6月開催よりバーチャルオンリー株主総会が可能に
  5. 2022年1月1日より傷病手当金の支給期間が通算化されるようになりそう…
  6. 通勤手当 一定の合理性をもって支給すれば按分計算しなくても非課税
  7. 東証一部上場企業の72.4%が英文開示を実施
  8. 改正会社法はクローバック条項導入社数を増加させるか?
  9. 実費精算の残業食事代は給与課税されるか否か
  10. コロナの影響で源泉徴収漏れが多発?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

公認会計士協会への会費は商事時効では消滅しない

東京地裁で、監査法人と公認会計士協会間で会計士協会の会費の消滅時効をめぐって争われた事案がT&A master No.857で紹介されていました。

この監査法人(2013年10月16日に解散)は5社と監査契約を行い、監査業務を行ったものの、業務会費については資金枯渇のため支払うことができなかったため、日本公認会計士協会が、監査法人存続期間中に監査法人の社員に対して支払を求めて裁判となったものです。

監査法人の元社員は、会計士協会外請求する会費請求権は弁済期から5年を経過しており、商事時効が完成していると主張したとされています。

これに対し、東京地裁は、業務会費請求権の消滅時効は成立していないとして、監査法人の元社員に対し会費(184万円)等を支払を命じる判決を下したとのことです。

「日本公認会計士協会が公認会計士法43条1項に基づき設立され、業務の改善進歩を図るための会員の指導や、公認会計士等の登録に関する事務を行う法人であることからすれば、同協会と監査法人との関係が商事取引にあるとはいい難く、業務会費請求権が商行為に属する法律行為から生じたものと解することはできないとの判断を示した」とのことです。

民法改正によって商事時効が廃止されているので、今後はいずれにしても10年で判断されることとなると考えられますが、業務を行うことで支払わなければならないとされているものなので、会費の支払は商行為として商事時効が適用されると考えてしまうということのほうが多いのではないかと感じました。

関連記事

  1. 株式の非上場化・非公開化をめぐる裁判ー株主の請求を棄却

  2. 株主総会を延期した場合の改選役員の任期はどうなる?

  3. 2021年9月末までの時限措置でウェブ開示によるみなし提供の対象…

  4. 子会社の重要性が乏しいため連結財務諸表を作成していない場合の事業…

  5. 取締役報酬等の決定方針として決定しなければならない事項(改正会社…

  6. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がない…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,709,183 アクセス
ページ上部へ戻る