閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

GoToトラベル-出張費を総額精算でも給与課税なし

出張目的での宿泊等については、GoToトラベルの対象から除外されることとなりましたが、この制限が適用されるのは11月6日以降の販売分とされていますので、それ以前の分については、”GoToトラベルの経理処理ー代金全額が課税仕入れ“で記載したような処理が行われていると思います。

国からの補助分を従業員との間で精算しない場合、従業員側で課税の問題が生じないのかが疑問でしたが、この点について税務通信3629号の税務の動向に解説記事が掲載されていました。

結論としては、「GoToトラベルで補助される分を含めて従業員と精算しても、基準を満たせば給与課税の問題は生じない」とのことです。

ここで気になるのは「基準を満たせば」という条件ですが、これは、GoToトラベル対象商品の旅行代金が”通常必要”な範囲内である限りにおいて、補助分を含めて精算したとしても精算した額の全額が非課税となり、給与課税の問題は生じないとのことです。

所得税法上、一定の旅費については非課税とされており、この旅費には出張の費用も含まれますが(所得税法9条1項4号)、その出張旅費が通常必要であると認められるものでなければならないとされています。そして、通常必要かどうかは、上記の記事によると「一般的に、社内の出張旅費規程の金額等の範囲内であるかを基準に判断することになるだろう」とされています。

確かに、出張費を実費で精算している会社もあれば、実務上、宿泊出張は1泊いくらというような計算で精算しているケースも存在します。後者の場合は、通常1泊8000円とか1万円とか社会通念上問題となる可能性が低い金額が設定されており、そのような実務からすれば、一部が国から補助されていたとしても、総額として通常必要な金額といえる範囲内であれば、従業員側に課税の問題は生じないというのも納得です。

総額で精算していたとしても「通常必要な金額」であれば、給与課税が生じないということで従業員にとっては一安心ですが、逆に考えると、純額で精算しているケースで問題が生じる可能性があるということなのかもしれません。

国から補助があることを前提に、純額で支払う金額が旅費規程等の範囲内であればよいというような運用をしていた場合、旅費交通費として計上される金額は総額のため、「一般的に、社内の出張旅費規程の金額等の範囲内であるかを基準に判断する」ということであると、その範囲を逸脱しているということも考えられます。

国から補助があるなら、いつもより少しいいところに宿泊してみようというと考えるのはそれほど不自然なことではありませんが、国からの補助分を控除前で考えるのか控除後で考えるのかによって、旅費規程の範囲内か否かが異なるということもありえますので、注意する必要はありそうです。

関連記事

  1. 海外出向から帰国した従業員等の年末調整

  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が…

  3. こんなところにも影響が・・・復興特別所得税

  4. 特定支出控除適用者が急増したそうです

  5. 在宅勤務と特定支出控除

  6. 平成29年度税制改正における配偶者控除等の見直し




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,981,483 アクセス
ページ上部へ戻る