閉じる
閉じる
閉じる
  1. ムゲンエステート、消費税をめぐる裁判で上告を断念
  2. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大
  3. 2021年2月期の小売業・サービス業のコロナ影響収束見込
  4. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?
  5. 2021年3月期有価証券報告書、金融庁レビューの重点テーマ審査は?
  6. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係
  7. 名義変更保険の節税が不可能になるようです
  8. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
  9. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  10. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

固定資産の減損の判定にあたり法人税等は何故考慮しない?

固定資産の減損を判定するにあたり、将来キャッシュフローを見積もる際に法人税等については考慮しません。

そういうものだと覚えておけばよいだけなのですが、株価算定や事業価値算定業務を行った直後だと、将来キャッシュフローを見積もる際に税効果を考慮しないのは本当にこれでよいのかなと疑問に感じたりします。

そんな時に、将来CFの見積にあたり税金費用は考慮しないというのはどこに書いてあるのだろうと適用指針を確認するのですが、減損の兆候について書かれている12項(1)の「営業活動から生じる損益」の説明の中に「ただし、支払利息など財務活動から生ずる損益や利益に関連する金額を課税標準とする税金は含まれない」とありますが、将来CFに関する記載はなされていません。

あれ?とさらに不安になったりして、固定資産の減損に係る会計基準を確認すると「4.将来キャッシュ・フロー(5)」で以下のとおり規定されていることに気づきます。

将来キャッシュ・フローには、利息の支払額並びに法人税等の支払額及び還付額を含めない。

この理由については、「固定資産の減損に係る会計基準の設定に関する意見書」四 2.(4)⑥で以下のとおり述べられています。

利息の支払額並びに法人税等の支払額及び還付額については、通常、固定資産の使用又は処分から直接生ずる項目ではないことから、将来キャッシュ・フローの見積には含めないこととした。

確かに、特定に資産グループにおけるCFがプラスであったとしても、実際の税金は法人単位で計算されるため、結果的に税金費用が発生しないということは考えられ、そういった意味で法人税等は固定資産の使用又は処分から直接生ずる項目ではないということになるということだと考えられます。

ふと気になるかもしれない事項の確認でした。

関連記事

  1. ロボットの耐用年数は何年

  2. 減損の兆候といえば営業CFが継続してマイナスのほうが認識されてい…

  3. 満期保有目的の債券の減損と償却原価法

  4. 満期保有目的債券の減損処理-東京電力の社債は瀬戸際?

  5. 減損検討に用いられる税前割引率はどうやって計算?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,972,861 アクセス
ページ上部へ戻る