閉じる
閉じる
閉じる
  1. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  2. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  3. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  4. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  5. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  6. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  7. 光通信株式会社と株式会社光通信
  8. 株式需給緩衝信託の会計処理
  9. 非財務情報開示強化に向けた動向
  10. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

令和2年分の給与支払報告書は前倒しで提出したほうがよいらしい

給与支払報告書は1月末までに各市町村に提出する必要がありますが、eLTAXで給与支払報告書を提出する場合、今年は早めに対応しておいた方がよいようです。

税務通信(3636号)の税務の動向に掲載されていた記事によると、期限直前には1日で100万件超の提出が行われる日もあるとのことです。特に今年は、寡婦控除の見直しやひとり親控除の創設等が行われたことで、様式変更が発生している上、新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、各自治体による説明会等が十分に開催されず周知ができていない状況が想定されるとされています。

さらに、1月末を提出期限とするものとしては償却資産税の申告もありますが、「固定資産税の減免特例」もeLTAXで提出可能となっているため、例年以上のeLTAXの利用増加が見込まれ、利用の集中により円滑な処理が行えない可能性があるとのことです。

「故意による未提出等を除き、期限内に提出できなかった場合の罰則等はない」とのことですが、「翌年6月からの住民税の賦課作業が間に合わなくなることから、未徴収月分の住民税が生じた際は残りの月数に上乗せされて徴収される可能性がある」とのことです。

罰則はないというものの、仮に住民税の徴収月にズレが生じると、手取り額が結構変わることがあるため、総額に変動はないにしても、従業員からいらぬクレームを受けないためにも今年は早め早めに対応した方がよさそうです。

関連記事

  1. 更正の請求範囲の拡大

  2. 消費税(その2)-個別対応方式と一括比例配分方式

  3. 財産保全会社設立のメリットは?

  4. 扶養控除等申告書には個人番号を記載しないという選択肢もあるようで…

  5. 事業所税の確認(最終回)-みなし共同事業

  6. 平成24年税制改正による退職所得課税の見直し




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,071,973 アクセス
ページ上部へ戻る