閉じる
閉じる
閉じる
  1. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  2. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  3. 四半期開示は結局どうなる?
  4. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  5. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  6. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  7. 任意の会計監査人
  8. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
  9. 確定申告期限の一律延長は実施せずとも、簡易な方法で延長可
  10. 公認会計士・監査審査会、仁智監査法人に2度目の行政処分勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意

雇用調整助成金の益金算入と所得拡大促進税制の適用判定における控除とで事業年度が異なるケースがあるため要注意という旨の記事が税務通信3648号の税務の動向に掲載されていました。

通常の、雇用調整助成金は、給付原因である休業等の事実があった日に臆する事業年度で収益計上することとされていますが、新型コロナウイルス感染症に伴う雇用調整助成金の特例措置では、事前の計画届の提出が不要とされているため、交付決定日の属する事業年度で益金算入することとされています(法基通2-1-42)。

一方、所得拡大促進税制の適用判定において、雇用調整助成金は「他の者から支払を受ける金額」として控除する必要がありますが、交付決定日の属する事業年度が翌期(益金算入が翌期)となった場合であっても、所得拡大促進税制の適用判定における控除のタイミングは、休業等の事実があった日の属する事業年度となるとのことです。

ただし、”特例措置で雇用調整助成金の支給を受ける場合であっても、休業等の事実があった日の属する事業年度に「収入すべき権利が確定した」と判断し、会計上、当該事業年度において収益計上するケース”においては、”確実に雇用調整助成金の支給が見込まれているのであれば、税務上も、休業等のあった日の属する事業年度(当期)に益金算入して差し支えないということだ“とのことです。

なお、令和3年度税制改正において、「給与等に充てるため他の者から支払を受ける金額」の範囲の明確化が図られており、改正後は”給与等”から雇用調整助成金等を控除せずに適用要件の判定を行うこととなります。

このため、3月決算法人においては、令和4年3月期に影響はありませんが、2月決算会社の場合は、令和4年2月期においても現行制度の適用となるため、当期(令和3年2月期)の雇用者給与等支給額が下がることによって、来期、適用要件を満たしやすくなるとのことです。

税制改正の過渡期ですので、益金算入時期はもちろん、所得拡大促進税制の適用要件の判定でいつ控除するのかについても、注意しましょう。

関連記事

  1. 退職者を被保険者とする支払保険料を損金算入可とした裁決

  2. 平成27年度税制改正(その1)ー法人税関連

  3. 給与較差補填で否認を受けることがないようにするには(その2)

  4. 損害賠償金の税務上の取扱い(その2)-不正行為による従業員等への…

  5. 低解約返戻保険等の改正所得税改正通達が公表されました

  6. 接待飲食費に関するFAQ(国税庁)の確認(その2)




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,894,865 アクセス
ページ上部へ戻る