閉じる
閉じる
閉じる
  1. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
  2. IFRS任意適用会社数の伸びが鈍化
  3. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
  4. 株式交付制度(その2)-疑問点の確認
  5. 採用内定後のバックグラウンド調査と内定の取消-ドリームエクスチェンジ事…
  6. 株式交付制度(その1)-制度概要など
  7. 株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正
  8. 役員報酬が総会決議枠を超えるミスが散見されたそうです。
  9. プライム市場への生き残りをかけた増配?-明和産業
  10. 東京地裁が示した監査法人脱退時の持分払戻額の算定方法とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意

雇用調整助成金の益金算入と所得拡大促進税制の適用判定における控除とで事業年度が異なるケースがあるため要注意という旨の記事が税務通信3648号の税務の動向に掲載されていました。

通常の、雇用調整助成金は、給付原因である休業等の事実があった日に臆する事業年度で収益計上することとされていますが、新型コロナウイルス感染症に伴う雇用調整助成金の特例措置では、事前の計画届の提出が不要とされているため、交付決定日の属する事業年度で益金算入することとされています(法基通2-1-42)。

一方、所得拡大促進税制の適用判定において、雇用調整助成金は「他の者から支払を受ける金額」として控除する必要がありますが、交付決定日の属する事業年度が翌期(益金算入が翌期)となった場合であっても、所得拡大促進税制の適用判定における控除のタイミングは、休業等の事実があった日の属する事業年度となるとのことです。

ただし、”特例措置で雇用調整助成金の支給を受ける場合であっても、休業等の事実があった日の属する事業年度に「収入すべき権利が確定した」と判断し、会計上、当該事業年度において収益計上するケース”においては、”確実に雇用調整助成金の支給が見込まれているのであれば、税務上も、休業等のあった日の属する事業年度(当期)に益金算入して差し支えないということだ“とのことです。

なお、令和3年度税制改正において、「給与等に充てるため他の者から支払を受ける金額」の範囲の明確化が図られており、改正後は”給与等”から雇用調整助成金等を控除せずに適用要件の判定を行うこととなります。

このため、3月決算法人においては、令和4年3月期に影響はありませんが、2月決算会社の場合は、令和4年2月期においても現行制度の適用となるため、当期(令和3年2月期)の雇用者給与等支給額が下がることによって、来期、適用要件を満たしやすくなるとのことです。

税制改正の過渡期ですので、益金算入時期はもちろん、所得拡大促進税制の適用要件の判定でいつ控除するのかについても、注意しましょう。

関連記事

  1. 分掌変更時に報酬を1/3にしても役員退職給与の損金算入が否定され…

  2. 役員報酬を約束手形で支払っても短期前払費用特例の適用対象外

  3. 平成30年度税制改正を確認-法人税(その2)

  4. 法人税の収益計上基準の原則は「引渡基準」

  5. 収益認識基準-法人税と消費税で取扱いに差

  6. 平成25年度税制改正によるグリーン投資減税の改正

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,432,473 アクセス
ページ上部へ戻る