閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
  2. 定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?
  3. 役員賞与の支給順序変更も事前確定給与として損金算入可能
  4. カタログの「総額表示」対応
  5. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきているそ…
  6. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意…
  7. D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認
  8. 経団連の会社法各種書類のひな形が改訂されました
  9. バーチャルオンリー型株主総会の特例等が国会へ
  10. 減資による中小税制適用の否認リスクは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

東京都の時短協力金の収益計上は交付決定通知時だそうです。

税務通信3645号の税務の動向に東京都の時短協力金の収益計上時期についての記事が掲載されていました。

上記の記事によると、”東京都が、営業時間の短縮に応じた飲食店等に支給する「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金」(時短協力金)の収益計上は原則として交付決定通知書に基づく交付決定日になる”とのことです。

時短協力金の対象となるのは、「従前に夜20時から翌朝5時まで営業していた都内飲食店等のうち、要請により同時間帯の営業を行わず、酒類の提供を11時から19時までとした店舗」とされています。

申請期限は2021年3月25日までとなっており、支給額は時短営業に協力した期間によって異なりますが、最大で2021年1月8日~2月7日まで31日間協力した場合で186万円(中小企業の場合)となっています。

この東京都の時短協力金の収益計上時期は、法人が国や地方公共団体から支給される助成金等の収益計上時期の考え方と同様(法基通2-1-42)、交付決定通知書に記載されている交付決定日(支給決定時)の属する事業年度に収益計上することになるとのことです。

3月決算の場合、申請期限が3月25日までですので、支給決定日が翌期となる可能性が高いと考えられますが、この場合、実際に時短営業を行った事業年度ではなく、支給決定日が属する事業年度(この場合翌期)に収益として計上する必要があるということです。

なお、特定の経費を補填するために交付を受けた助成金等は、経費発生時の事業年度の収益に計上することとされていますが、「時短協力金については,“経費補填”の性質はないと考えられる」とのことですので、取扱いを混同しないように注意が必要です。

ただ、店舗スペースを賃借しているような場合に、時短営業に協力するという場合には固定費を回収するための時間数が減少するわけですので、経費補填の性質が全くないということではないように個人的には思いますが、交付決定日で収益計上するとのことですので、間違えないようにしましょう。

なお、個人事業主の場合も考え方は同様とのことです。

関連記事

  1. 借換え前後の外貨建借入金の内容に実質的変化がなければ収益認識不要…

  2. 個人事業の減価償却はストップできる?

  3. 扶養控除等申告書におけるマイナンバーの取扱い(その2)

  4. 海外出向者に関わる税務(その1)

  5. 扶養控除控除等申告書の電子保存も可能

  6. 外国人従業員が配偶者が複数いると申告してきたらどうする?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,864,374 アクセス
ページ上部へ戻る