閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
  2. 定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?
  3. 役員賞与の支給順序変更も事前確定給与として損金算入可能
  4. カタログの「総額表示」対応
  5. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきているそ…
  6. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意…
  7. D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認
  8. 経団連の会社法各種書類のひな形が改訂されました
  9. バーチャルオンリー型株主総会の特例等が国会へ
  10. 減資による中小税制適用の否認リスクは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認

T&A master No.875に「D&O保険、会社補償特約の付保確認を」という記事が掲載されていました。

2021年3月1日に施行された改正会社法で「会社補償」に関する規定が創設されています。会社補償は、役員が第三者から受けた損害賠償請求によって被った損害や、損害賠償請求に対する防御費用を会社が補償するものです。

D&O保険は、会社が役員との補償契約に基づき役員への損害賠償請求額を補填した場合に保険金を受けることができるものというイメージでしたが、実際には、保険会社によって標準プランで上記のような補填額を支払対象としているケースもあれば、大手損害保険会社が半谷しているD&O保険でも、特約を締結することを条件に支払対象としているものもあるとのことです。

結果として、この記事によるとD&O保険に会社支払補償特約の付保が漏れている会社が多数ある模様とのことですので、会社法改正を契機に、保険契約の内容を改めて確認しておいた方がよいかもしれません。

関連記事

  1. 200%定率法も平成24年4月1日以降取得分から適用開始

  2. 責任限定契約の対象拡大-改正会社法(その9)

  3. CGSガイドラインの改訂-後継者計画等

  4. 会計帳簿閲覧権の対象となる「会計帳簿又はこれに関する資料」は資料…

  5. 改正会社法(その2)-監査等委員会設置会社詳細(その1)

  6. 長期のインセンティブが弱いRS等に多くの反対票

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,864,392 アクセス
ページ上部へ戻る