閉じる
閉じる
閉じる
  1. YouTuberへのロイヤルティに係る源泉徴収は外税控除不可
  2. 監査工数の増加等を理由に監査人交代で大手が後任に
  3. 会計限定監査役への損害賠償請求事件が最高裁へ
  4. オーナー企業の上場会社の常勤(?)監査役がオーナー一族は支持されるのか…
  5. 「人材確保等促進税制」Q&A等が公表されていました(経済産業…
  6. 寡夫控除の所得要件を憲法違反と争うも敗訴
  7. 電子取引データの電子保存、改正法施行日までに準備期間足りず?
  8. ISDN廃止に伴う移行費用の税務上の取り扱い
  9. 監査報告書のXBRLタグ付けに要注意
  10. ISSがバーチャルオンリー株主総会開催のための定款変更に反対推奨
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認

T&A master No.875に「D&O保険、会社補償特約の付保確認を」という記事が掲載されていました。

2021年3月1日に施行された改正会社法で「会社補償」に関する規定が創設されています。会社補償は、役員が第三者から受けた損害賠償請求によって被った損害や、損害賠償請求に対する防御費用を会社が補償するものです。

D&O保険は、会社が役員との補償契約に基づき役員への損害賠償請求額を補填した場合に保険金を受けることができるものというイメージでしたが、実際には、保険会社によって標準プランで上記のような補填額を支払対象としているケースもあれば、大手損害保険会社が半谷しているD&O保険でも、特約を締結することを条件に支払対象としているものもあるとのことです。

結果として、この記事によるとD&O保険に会社支払補償特約の付保が漏れている会社が多数ある模様とのことですので、会社法改正を契機に、保険契約の内容を改めて確認しておいた方がよいかもしれません。

関連記事

  1. 監査等委員会設置会社の移行表明は58社(3月31日時点)-経営財…

  2. 取締役責任追及、和解には各監査役の同意が必要に

  3. 株主総会資料の電子提供は総会開催日の3週間前からとなる見込み

  4. 株主総会で限度額が決議され、取締役会で一任決議あれば、代表取締役…

  5. 内部通報からの調査でゴーン氏逮捕-5年にわたり年10億円程度を過…

  6. 株式の無償発行を会社法上可能とする方向で検討

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,172,836 アクセス
ページ上部へ戻る