閉じる
閉じる
閉じる
  1. 会計限定監査役への損害賠償請求事件が最高裁へ
  2. オーナー企業の上場会社の常勤(?)監査役がオーナー一族は支持されるのか…
  3. 「人材確保等促進税制」Q&A等が公表されていました(経済産業…
  4. 寡夫控除の所得要件を憲法違反と争うも敗訴
  5. 電子取引データの電子保存、改正法施行日までに準備期間足りず?
  6. ISDN廃止に伴う移行費用の税務上の取り扱い
  7. 監査報告書のXBRLタグ付けに要注意
  8. ISSがバーチャルオンリー株主総会開催のための定款変更に反対推奨
  9. コプロがプライム市場上場維持基準適合に向けた意志表明を適時開示
  10. バーチャルオンリー型株主総会のための定款変更議案上程が5社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

契約上の支払が毎月払いであっても年払いで短期前払費用の特例適用可

税務通信3655号の税務の動向に「短期前払費用 契約上の支払方法は問わず」という記事が掲載されていました。

実務上、年払いの費用に短期前払費用の特例(法基通2-2-14)を適用するのはよくあることだと思いますが、税務通信の記事によると、”たとえ、契約上の定めが「月払い」などとされている場合でも、実際の支払方法が「年払い(一括払い)」であれば、その他の要件を充足することで道徳例の適用対象となる”とのことです。

キャッシュフローの観点から、毎月払いのものを年間一括して支払うということは多くないと思いますが、少額のものであれば事務負担や手数料の点から、1年分をまとめて支払ってしまいたいということは考えられます。

短期前払費用の特例の対象となる前払費用は、”一定の契約”に基づく必要はあるものの、契約上、その支払方法を明示することまでは求められていないためとのことです。

実際問題として、経理処理(一括費用計上または前払費用計上+毎月費用化)の選択をした後で、短期前払費用の特例を適用するにあたり、契約上の支払条件を気にすることはほとんどないと思いますが、知っておくと何かに使えるかも知れません。

なお、当然ではありますが、利益調整を目的に、契約上の定めと異なる支払方法をあえて採用したというような場合には、特例の対象となるとされていますので注意しましょう。

関連記事

  1. 従業員不正による損害賠償金の計上時期

  2. 子会社の清算に伴う債権放棄・現物分配・株式消却損

  3. 平成30年度税制改正を確認-法人税(その2)

  4. 平成25年度税制改正によるグリーン投資減税の改正

  5. 名義変更保険の節税が不可能になるようです

  6. 給与較差補填で否認を受けることがないようにするには(その1)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,147,948 アクセス
ページ上部へ戻る