閉じる
閉じる
閉じる
  1. バーチャルオンリー株主総会-反対推奨(ISS)
  2. 2021年IPOは124社-3月決算の割合が比較的少ないのは偶然か
  3. 令和4年度税制改正で少額固定資産の損金算入制度が見直し?
  4. 個人会計士事務所では上場会社の監査ができなくなるそうです
  5. 令和5年度税制改正では法人税増税?
  6. 免税事業者の適格請求書発行事業者登録日で2年縛りに違いが生じる?
  7. 2023年3月以降開催総会から総会資料の電子提供開始
  8. 平均監査報酬は微増 監査実施状況調査(2020年度)
  9. 改正電子取引 宥恕規定制定の状況は?
  10. 契約負債に流動固定分類は不要?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

契約上の支払が毎月払いであっても年払いで短期前払費用の特例適用可

税務通信3655号の税務の動向に「短期前払費用 契約上の支払方法は問わず」という記事が掲載されていました。

実務上、年払いの費用に短期前払費用の特例(法基通2-2-14)を適用するのはよくあることだと思いますが、税務通信の記事によると、”たとえ、契約上の定めが「月払い」などとされている場合でも、実際の支払方法が「年払い(一括払い)」であれば、その他の要件を充足することで道徳例の適用対象となる”とのことです。

キャッシュフローの観点から、毎月払いのものを年間一括して支払うということは多くないと思いますが、少額のものであれば事務負担や手数料の点から、1年分をまとめて支払ってしまいたいということは考えられます。

短期前払費用の特例の対象となる前払費用は、”一定の契約”に基づく必要はあるものの、契約上、その支払方法を明示することまでは求められていないためとのことです。

実際問題として、経理処理(一括費用計上または前払費用計上+毎月費用化)の選択をした後で、短期前払費用の特例を適用するにあたり、契約上の支払条件を気にすることはほとんどないと思いますが、知っておくと何かに使えるかも知れません。

なお、当然ではありますが、利益調整を目的に、契約上の定めと異なる支払方法をあえて採用したというような場合には、特例の対象となるとされていますので注意しましょう。

関連記事

  1. 「一般被保険者」の定義解釈を誤り税理士に損害賠償請求

  2. 法人住民税の無償増減資の加減算措置を再確認

  3. 会計と税務における外貨建資産等の換算方法の違いは?

  4. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に…

  5. 平成30年度税制改正を確認-法人税(その2)

  6. 東京都の時短協力金の収益計上は交付決定通知時だそうです。




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,670,249 アクセス
ページ上部へ戻る