閉じる
閉じる
閉じる
  1. 役員等の責任限定契約を再確認
  2. 会計限定監査役に対する責任を問う最高裁判決が下されました
  3. 電子取引制度対象の請求書等を出力保存した場合、「やむを得ない理由」等の…
  4. 届出漏れが原因で不支給となっていた手当は遡及して支払う必要があるか?
  5. KAMの個数は1個が7割超-経営財務誌調べ
  6. 短期前払費用特例適用の留意点
  7. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  8. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  9. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  10. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2021年3月期有報、KAMなしは119社

経営財務3514号にKAM本摘要集計の第1弾として「KAMの有無」が集計されていました。

結果としてはKAMの記載がなかったのは119社(120件)存在したとのことです。

そんなにあるの?と思いましたが、読み進めてみると、119社のうちの105社は純粋持株会社の個別財務諸表にかかるものとのことでした。なお、集計対象となった会社の中に純粋持株会者は278社存在したとされ、その4割弱の会社の個別財務諸表でKAMなしとされていたということのようです。確かに純粋持株会社の単体財務諸表であれば、KAMがないというケースもありえるかなと思います。

なお、連結財務諸表・個別財務諸表とものKAMなしとされていたのは、

経営財務の記事によると、KAMの記載が連結・単体ともに1個もなかったのは、純粋持株会社であるRVH(東二,サービス業,HLB Meisei)のみであったとのことです。

気になるのは、純粋持株会社の個別財務諸表以外でKAMなしとされていた会社ですが、「業種には特に顕著な傾向はなく、小売業が3社、サービス業、卸売業、陸運業が2社ずつ、建設業、情報・通信業、機械、海運業が1社ずつ」とされています。監査法人別では、「大手ではEY新日本が4社、あずさが1社、準大手では太陽、東陽が1社ずつ、その他中小が6社」という結果であったとのことです。

13社のうち12社は日本基準適用会社で、IFRS適用会社は日立物流(EY新日本、陸運業)1社となっています。

個別財務諸表でKAMなしとして掲載されていた日本基準適用会社12社は以下の通りです。

・KHC(東二、建設業、EY新日本)
・クオールホールディングス(東一、小売業、あずさ)
・エー・ピーホールディングス(東一、小売業、アバンティア)
・イメージ情報開発(JQ、情報・通信業、アリア)
・リソルホールディングス(東一、サービス業、太陽)
・フリージア・マクロス(東二、機械、双研日栄)
・協栄産業(東一、卸売業、保森会計事務所)
・大黒屋ホールディングス(東二、小売業、HLBMeisei)
・SIホールディングス(JQ、サービス業、永和)
・ムサシ(JQ、卸売業、東陽)
・C&Fロジホールディングス(東一、陸運業、EY新日本)
・玉井商船(東二、陸運業、EY新日本)

なお、経営財務誌では次回はKAMの個数を集計するとのことです。

関連記事

  1. 証券取引委員会の課徴金事例集-不正事例は読んでおくとよいのでは?…

  2. 転換社債型新株予約権付社債の発行者の会計処理(日本基準)

  3. 在外子会社の使用権資産のBS表示科目

  4. 不適正開示の発生傾向

  5. お騒がせgumiが今度は上方修正

  6. 短信で「直近に公表されている業績予想からの修正の有無:有」としつ…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,317,184 アクセス
ページ上部へ戻る