閉じる
閉じる
閉じる
  1. キャッシュレスポイント還元事業で国に賠償命令が下されたそうです
  2. 株式交付(その4)-株式交付計画の記載事項
  3. 短期退職手当等Q&Aでポイントを確認
  4. 少額短期保険は生命保険料控除の対象外はなぜ?
  5. 研究開発費(試験研究費)税制における人件費の専ら要件
  6. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  7. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  8. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  9. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  10. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2021年3月期有報、KAMなしは119社

経営財務3514号にKAM本摘要集計の第1弾として「KAMの有無」が集計されていました。

結果としてはKAMの記載がなかったのは119社(120件)存在したとのことです。

そんなにあるの?と思いましたが、読み進めてみると、119社のうちの105社は純粋持株会社の個別財務諸表にかかるものとのことでした。なお、集計対象となった会社の中に純粋持株会者は278社存在したとされ、その4割弱の会社の個別財務諸表でKAMなしとされていたということのようです。確かに純粋持株会社の単体財務諸表であれば、KAMがないというケースもありえるかなと思います。

なお、連結財務諸表・個別財務諸表とものKAMなしとされていたのは、

経営財務の記事によると、KAMの記載が連結・単体ともに1個もなかったのは、純粋持株会社であるRVH(東二,サービス業,HLB Meisei)のみであったとのことです。

気になるのは、純粋持株会社の個別財務諸表以外でKAMなしとされていた会社ですが、「業種には特に顕著な傾向はなく、小売業が3社、サービス業、卸売業、陸運業が2社ずつ、建設業、情報・通信業、機械、海運業が1社ずつ」とされています。監査法人別では、「大手ではEY新日本が4社、あずさが1社、準大手では太陽、東陽が1社ずつ、その他中小が6社」という結果であったとのことです。

13社のうち12社は日本基準適用会社で、IFRS適用会社は日立物流(EY新日本、陸運業)1社となっています。

個別財務諸表でKAMなしとして掲載されていた日本基準適用会社12社は以下の通りです。

・KHC(東二、建設業、EY新日本)
・クオールホールディングス(東一、小売業、あずさ)
・エー・ピーホールディングス(東一、小売業、アバンティア)
・イメージ情報開発(JQ、情報・通信業、アリア)
・リソルホールディングス(東一、サービス業、太陽)
・フリージア・マクロス(東二、機械、双研日栄)
・協栄産業(東一、卸売業、保森会計事務所)
・大黒屋ホールディングス(東二、小売業、HLBMeisei)
・SIホールディングス(JQ、サービス業、永和)
・ムサシ(JQ、卸売業、東陽)
・C&Fロジホールディングス(東一、陸運業、EY新日本)
・玉井商船(東二、陸運業、EY新日本)

なお、経営財務誌では次回はKAMの個数を集計するとのことです。

関連記事

  1. 会計監査人の異動は過去5年で最多の142件に-令和2年モニタリン…

  2. コーポレートガバナンスコードとは?-(その2)

  3. 平成28年税制改正による税効果注記は法律名に要注意

  4. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東…

  5. 東証一部上場承認翌日に開示したベステラの2Q決算が・・・?

  6. 賞与引当金の支給実績差額は引当金明細表の「当期減少額(その他)」…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,507,597 アクセス
ページ上部へ戻る