閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

国税庁が白色申告の帳簿不作成に問題意識-罰則化に向かうか?

T&A mastr NO.894で、2021年8月10日に開催された「納税環境整備に関する専門家会合」で検討された事項について取り上げられていました。

この記事では「国税庁が白色申告における無申告など、記帳水準の低い納税者に対して強い問題意識を持っていることが分かった」とされています。また、国税庁は記帳の状況などに関する税務執行上の課題として以下の点を説明したとのことです。

白色申告については、記帳義務はあるものの特に罰則はないため、帳簿書類を破棄しているのか、あるいは帳簿書類を作成していないかの区別が困難であり、重加算税が賦課できないケースがある。

これらについては、今に始まったことではなく、従来から問題意識はあったでしょうし、帳簿が元々あったのかどうかについて判断しにくいケースも多くあったはずです。

ですが、「専門家会合では、白色申告における帳簿書類の不作成・不保存に対して罰則を課すべきとの意見もでており、今後の税制改正に影響を及ぼす可能性もありそうだ」とされており、罰則化が実現すればそれなりに影響はありそうです。

実際どれくらいの人に影響があるのだろうかという点については、平成30年分確定申告を行った個人事業者の申告状況によると、青色申告60%(正規簿記:29.7%、簡易簿記30.3%)、白色申告40%とのことです。近年ではクラウド系のサービスも増加しており、より簡単に記帳が行えるようになっているといわれていますが、正規の簿記による青色申告は全体の3割程度に過ぎないようです。もっとも、クラウドサービスの利用は年々増加しているようですので、直近の状況では正規の簿記による青色申告の割合が多少増加しているかもしれません。

平成30年分における申告誤り等の状況では、意図しない誤りを含む「申告誤り」が税務調査で見るかる割合は白色申告が88.4%と最も高いものの、「仮装隠蔽」については青色申告の簡易簿記が8.8%と最も高く、白色申告の7.9%を上回っているそうです。

両者にそれほど大きな差があるわけではなく、白色申告だと税務署に目を付けられそうで怖いけど、正規の簿記で記帳すると仮装隠蔽が難しい(あるいはすぐに発覚しそう)ので簡易簿記を選択しているというケースがあるのかもしれませんが、単に白色申告だと仮装隠蔽が発覚しにくためという可能性の方が高いと思われます。

税務当局は、「本来であれば仮装隠蔽として重加算税を課さなければならないケースが一定数存在している」と認識しており、「帳簿書類がないことがむしろ有利に働くケースがあることに強い問題意識を示している」とのことです。また、「帳簿書類を作成しなくても、推計課税により同業者と同程度の必要経費が認められる点も問題意識としてあるようだ」とされています。

青色申告には白色申告にないメリットがいくつかありますが、「仮装隠蔽」を意図している場合は、青色申告のメリットは、「仮装隠蔽」が発覚しにくい白色申告のメリットに遠く及ばないということになってしまうのだと思われます。

このような状況をうけ、「専門家会合では、白色申告者の帳簿書類の不作成・不存在に関して罰則を設けるべきとの意見が出ている」とされ、令和3年度税制大綱では「記帳水準の向上、・・・・、記帳義務の敵影な履行を担保するためのデジタル社会にふさわしい諸制度の在り方…について早期に検討を行い、結論を得る」とされていることから、税制改正に影響を及ぼす可能性もありそうだとのことです。

さて、どうなることやら・・・

関連記事

  1. 「資本の払い戻し部分」に「利益配当」が含まれる結果となれば政令は…

  2. 国税通則法の改正による税務調査手続の明確化(その2)

  3. 事業譲渡と会社分割の違いは?

  4. 規程で計算可能は未支給の賞与損金算入要件の「通知」に該当せず

  5. 循環取引の税務上の取り扱いとは?

  6. 税務当局がマークする電子商取引とは?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,145,011 アクセス
ページ上部へ戻る