閉じる
閉じる
閉じる
  1. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  2. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  3. 四半期開示は結局どうなる?
  4. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  5. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  6. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  7. 任意の会計監査人
  8. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
  9. 確定申告期限の一律延長は実施せずとも、簡易な方法で延長可
  10. 公認会計士・監査審査会、仁智監査法人に2度目の行政処分勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2021年上半期IPO 直近5年で50社超は初

経営財務3517号のニュースで、2021年上半期のIPOの状況がまとめられていました。

2021年上半期のIPOは58社(外国株・テクニカル上場を除き、TOKYO PROを含む)で、前年同期比20社増加、直近5年で50社を超えるのは初とのことです。

市場別では、マザーズが36社(62.1%)と例年の傾向どおり最多となっており、JASDAQが11社(19.0%)と続いています。東証一部に直接上場したのは、ウイングアーク1st(情報・通信業)、紀文食品(食料品)、テクホールディングス(建設業)の3社です。

ウイングアーク1stは以前、東証2部に上場していたことがある会社ですが、同社は昨年3月にIPOの承認を得た後、新型コロナ感染症拡大の影響で上場申請を取り下げていました。実際には、2019年にも、株式市場の動向などを理由に上場を取りやめており、今回ついに上場となりました。

紀文食品は、上場していなかったんだという感じですが、有報の沿革で確認したところ過去にも上場はしていなかったようです。

業種別では、情報・通信業が21社(36.2%)で最多、これにサービス業が13社(22.4%)と続いています。上期のIPO件数は全体としては高水準といえますが、そのような中、小売業のIPOは0社であったとのことです。

最後に、監査法人別にみると、最多がEY新日本で16社で、あずさ9社、トーマツ7社、太陽6社となったとのことです。監査法人の規模で区分すると、いわゆる大手監査法人が合計35社で60.3%となったとされています。

依然、大手監査法人が大部分を占めているものの、少し前までは7割程度を占めていましたことからすると、大きな変化ともいえます。準大手等の件数が今後も増加して大手3法人の割合が今後どのように推移していくのか注目です。

IPO件数は、株式市場の状況に大きく影響されるという性質がありますが、下半期も順調に件数が増加していくことを望みます。

関連記事

  1. IPOの場合は社外取締役を置くことが相当でない理由を説明すればよ…

  2. 2016年IPOは86社で7年ぶりの減少

  3. 従業員退職時のストック・オプションの行使条件に注意!

  4. 2011年の新規上場の状況-予定では36社

  5. 続出するお粗末IPO-東洋経済(2015/4/18号)

  6. 2019年のIPOは94社-経営財務誌調べ




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,894,874 アクセス
ページ上部へ戻る