閉じる
閉じる
閉じる
  1. 18監査事務所が会計士資格を誤表記で有報訂正が必要らしい
  2. 内部統制新基準が2025年3月期より適用に(公開草案)
  3. デューデリジェンス(DD)費用の税務上の取り扱い
  4. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  5. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  6. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  7. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  8. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  9. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  10. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2021年上半期IPO 直近5年で50社超は初

経営財務3517号のニュースで、2021年上半期のIPOの状況がまとめられていました。

2021年上半期のIPOは58社(外国株・テクニカル上場を除き、TOKYO PROを含む)で、前年同期比20社増加、直近5年で50社を超えるのは初とのことです。

市場別では、マザーズが36社(62.1%)と例年の傾向どおり最多となっており、JASDAQが11社(19.0%)と続いています。東証一部に直接上場したのは、ウイングアーク1st(情報・通信業)、紀文食品(食料品)、テクホールディングス(建設業)の3社です。

ウイングアーク1stは以前、東証2部に上場していたことがある会社ですが、同社は昨年3月にIPOの承認を得た後、新型コロナ感染症拡大の影響で上場申請を取り下げていました。実際には、2019年にも、株式市場の動向などを理由に上場を取りやめており、今回ついに上場となりました。

紀文食品は、上場していなかったんだという感じですが、有報の沿革で確認したところ過去にも上場はしていなかったようです。

業種別では、情報・通信業が21社(36.2%)で最多、これにサービス業が13社(22.4%)と続いています。上期のIPO件数は全体としては高水準といえますが、そのような中、小売業のIPOは0社であったとのことです。

最後に、監査法人別にみると、最多がEY新日本で16社で、あずさ9社、トーマツ7社、太陽6社となったとのことです。監査法人の規模で区分すると、いわゆる大手監査法人が合計35社で60.3%となったとされています。

依然、大手監査法人が大部分を占めているものの、少し前までは7割程度を占めていましたことからすると、大きな変化ともいえます。準大手等の件数が今後も増加して大手3法人の割合が今後どのように推移していくのか注目です。

IPO件数は、株式市場の状況に大きく影響されるという性質がありますが、下半期も順調に件数が増加していくことを望みます。

関連記事

  1. IFRSの任意適用要件が大幅に緩和されました

  2. 2020年上半期IPOは38社-前年同期比4社減

  3. 6月上場の最初の承認会社はなんとなく不思議な感じがする会社

  4. 2017年IPOは96社(続編)

  5. 財産保全会社設立のメリットは?

  6. 2021年IPOは124社-3月決算の割合が比較的少ないのは偶然…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,820,150 アクセス
ページ上部へ戻る