閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  2. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  3. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  4. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  5. 四半期開示は結局どうなる?
  6. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  7. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  8. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  9. 任意の会計監査人
  10. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

岸田氏は四半期決算撤廃派?

本日NewsPicksのNewsLetterで「四半期決算を廃止しよう」というメールが配信されてきました。

何のことかと開いてみると、「岸田文雄の公約」として「四半期決算の撤廃を」というタイトルの内容が掲載されていました。

岸田氏に対するインタビューをまとめたもので、「令和の所得倍増計画」など他にも色々と書かれている中の一つに「株主資本主義を改めよう」とタイトルが付けられたものが掲載されていました。

ステークホルダーへの分配が適切に行われるようにすべきという話の流れで「成長の果実の分配として、従業員の給与ももちろんですが、長期的な研究開発にもっと目を向けるためにも、こうした短期的な利益の追求については考え直さなければいけない。」として、「そのひとつの目安として、四半期決算の撤廃を考えてもいいのではないかと思っています。ただ、コーポレートガバナンスを軽視するという意味ではありません。例えば社外取締役の起用といったガバナンスに対する取り組みは引き続き大事です。」とのことです。

数年前にはこのような話がありましたが、有報と会社法の一体開示などという改正はあったものの四半期といった意味では、ほぼ変化なしとなっています。

四半期決算の撤廃といっても短信レベルの任意開示が禁止されないのであれば、大手は継続して開示を継続するのではないかと考えられますし、大手でなくても多くの上場会社は四半期開示を継続するのではないかという気はします。ただ、強制的に四半期報告書を作成し監査法人のレビューを受ける必要がなくなるということであれば、作成者側としては負荷が多少軽減されることとなります。

四半期開示がはじまる前の状態を勘案すると、個人的には1Q、3Qは任意(短信のみ)、2Qは報告書の作成とレビューが求められるというのが限度かなという気はします。

岸田氏が自民党総裁になって首相にならない限り何ら進展はないわけですが、資本市場の在り方に首相の公約がどの程度影響するのかというのは見てみたいところです。

関連記事

  1. 近年の有報提出における添付漏れの傾向-経営財務誌調べ

  2. 資産除去債務の簡便法の注記は?

  3. 会社未公表の情報がKAMに記載された早期適用事例は、ほとんどなし…

  4. 平成30年3月期決算短信-平均所要日数は39.1日

  5. 19年3月期決算短信、2Q予想開示取りやめが2.9ポイント増加

  6. 賞与引当金の支給実績差額は引当金明細表の「当期減少額(その他)」…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,909,429 アクセス
ページ上部へ戻る