閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

岸田氏は四半期決算撤廃派?

本日NewsPicksのNewsLetterで「四半期決算を廃止しよう」というメールが配信されてきました。

何のことかと開いてみると、「岸田文雄の公約」として「四半期決算の撤廃を」というタイトルの内容が掲載されていました。

岸田氏に対するインタビューをまとめたもので、「令和の所得倍増計画」など他にも色々と書かれている中の一つに「株主資本主義を改めよう」とタイトルが付けられたものが掲載されていました。

ステークホルダーへの分配が適切に行われるようにすべきという話の流れで「成長の果実の分配として、従業員の給与ももちろんですが、長期的な研究開発にもっと目を向けるためにも、こうした短期的な利益の追求については考え直さなければいけない。」として、「そのひとつの目安として、四半期決算の撤廃を考えてもいいのではないかと思っています。ただ、コーポレートガバナンスを軽視するという意味ではありません。例えば社外取締役の起用といったガバナンスに対する取り組みは引き続き大事です。」とのことです。

数年前にはこのような話がありましたが、有報と会社法の一体開示などという改正はあったものの四半期といった意味では、ほぼ変化なしとなっています。

四半期決算の撤廃といっても短信レベルの任意開示が禁止されないのであれば、大手は継続して開示を継続するのではないかと考えられますし、大手でなくても多くの上場会社は四半期開示を継続するのではないかという気はします。ただ、強制的に四半期報告書を作成し監査法人のレビューを受ける必要がなくなるということであれば、作成者側としては負荷が多少軽減されることとなります。

四半期開示がはじまる前の状態を勘案すると、個人的には1Q、3Qは任意(短信のみ)、2Qは報告書の作成とレビューが求められるというのが限度かなという気はします。

岸田氏が自民党総裁になって首相にならない限り何ら進展はないわけですが、資本市場の在り方に首相の公約がどの程度影響するのかというのは見てみたいところです。

関連記事

  1. 上場会社が臨時株主総会を開いてまで監査等委員会設置会社に移行した…

  2. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた

  3. 会計監査人の交代-クライアントの変動が多かった監査法人は?

  4. 平成29年3月期決算のポイント-会計(その1)

  5. 18年3月期改正税効果を早期適用した会社の注記はどんな感じ?

  6. 元子会社の粉飾で親会社が損害賠償責任を負うこととされた事例




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,159,950 アクセス
ページ上部へ戻る