閉じる
閉じる
閉じる
  1. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  2. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  3. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  4. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  5. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  6. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  7. 光通信株式会社と株式会社光通信
  8. 株式需給緩衝信託の会計処理
  9. 非財務情報開示強化に向けた動向
  10. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正

令和3年度税制改正について、確認が後回しになっていたので、とりあえず早々に確認しておいた方がよさそうな事項として、株式対価M&A投資促進税制について確認することにしました。

この税制自体は、会社法で株式交付が認められるようになったことを受け、2021年4月1日以後の組織再編からすでに適用開始となっており、GMOインターネットがこの税制適用の第1号となったようだという旨は以前取り上げました。

なお、この改正が適用されるに伴い、時限措置として認められていた「特別事業再編を伴う法人の株式を対価とする株式等の譲渡に係る所得の計算の特例」は廃止されています。

1.制度の概要

 改正会社法で導入された株式交付制度を利用したM&Aを実施した場合に、一定の要件を満たしている場合には株主の譲渡損益に対する課税を繰り延べることができるというものです。

2.要件

①対象株主
 非居住者のである株主は除外されることとされています。

②対価要件
 課税の繰延措置を受けるためには、対価として交付を受けた資産の価額のうち、株式交付親会社の株式の価額が80%以上である必要があります。対価要件に制限があるわけですが、廃止された「特別事業再編を伴う法人の株式を対価とする株式等の譲渡に係る所得の計算の特例」では、株式以外の対価が対価に入ることが認められていませんでしたので、20%までとはいえ現金等の対価が混在しても課税の繰延が可能となっているという点は大きいと思います。

なお、株式交付親会社の株式以外の資産の交付を受けた場合には、株式交付割合(※1)に対応する部分のみ譲渡損益の計上が繰り延べられることとなります。

(※1)株式交付割合 = 株式の取得価額/(株式の取得価額+交付金銭額)
 なお、株式の取得価額は譲渡株式数に譲渡直前の帳簿価額を乗じて計算することとなります。

③添付書類要件
 株式交付親会社の確定申告書に、株式交付計画書及び株式交付に係る明細を添付することが必要とされています。当該明細には、株式交付により交付した資産の数又は価額の算定根拠を明らかにする事項を記載した書類を添付することが必要とされています。

ざっと要件をみた感じでは、対価要件を満たしていれば課税の繰延の適用を受けられそうな感じがします。現金対価等の割合についても、一部を先に現金対価で取得したうえで、株式交付で子会社化という手順をふめば、株式交付として譲渡した部分の株式対価相当分については課税を繰り延べることが可能かもしれません。株式交付について調べたかぎりにおいては、会社法的にはこのような方法も株式交付として許容されるようですが、税務上課税の繰延が認められるのかについては、慎重に検討する必要はありそうです。

この点については、継続して情報を確認したいと思います。

関連記事

  1. 消費税(その9)-個別対応方式勘定別留意点3

  2. 過大配当利用の節税封じは20年3月末の期末配当も対象

  3. 平成31年4月以降終了事業年度分の「勘定科目内訳明細書」が公表さ…

  4. 全体の法人数は減少も連結納税適用法人は急増-平成23年度会社標本…

  5. 消費税(その12)-課税売上割合の算出2

  6. 2015年4月(予定)からイギリスがタックスヘイブン対策税制対象…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,071,696 アクセス
ページ上部へ戻る