閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

有報における男女別賃金開示が検討されているらしい

有価証券報告書の「従業員の状況」で開示が求められている賃金等について男女別の開示とすることが検討されているそうです(T&A master No.915)。

2022年1月17日に招集された通常国会の冒頭で、岸田総理が”施政方針演説の「新しい資本主義」という大テーマにおける「中間層の維持」という項目の中で以下のように述べた”とのことです。

「世帯所得の向上を考えるとき、男女別の賃金格差も大きなテーマです。この問題の是正に向け、企業開示のルールを見直します。」

T&A masterの記事では、上記でいう「企業開示のルール」が開示府令を指している模様とし、有報の記載において男女別賃金の開示を求めることが検討される可能性があるとされています。

株式会社SUBARUでは数年前から以下のような開示を行っており、このような方向で改正がなされるというのが現実的な線だと思われますが、上記の記事では「開示対象が連結ベース化単体ベースかという論点がある」とされています。


(同社2021年3月期 有価証券報告書より)

この点については、「あくまで日本における女性活躍がテーマであることから、少なくとも海外子会社を含めた開示が求められることは考えにくい」、「持株会社が上場している場合、持株会社のデータだけを出しても意味がないため、中核的子会社についての開示が求められることは不可避と思われる」とされており、どちらかといえば連結ベースでの開示よりの記載となっています。

開示は開示で必要とされれば開示するだけですが、そもそも「世帯所得」を問題とするのであれば、世帯所得で課税するようにすることから始めればよいのと個人的には思います。

関連記事

  1. 上場企業の約4%が不正関連で適時開示を行っている?

  2. 単体開示の簡素化-早ければ平成26年3月期より

  3. 新型コロナウイルスの影響とCAMの記載

  4. 監査手続きと報酬に納得できずに監査契約を合意解約したオークファン…

  5. 上場直後の食中毒発生は運が悪い?-鳥貴族

  6. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,145,103 アクセス
ページ上部へ戻る