閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし

令和4年度税制改正で導入された「資本金10億円以上」かつ「従業員1000人以上」の大企業における賃上げ税制の適用要件としてのマルチステークホルダー宣言ですが、結果的に達成できなかったとしても、租税特別措置法(42の12の5)に定められた継続雇用者の雇用者の賃上げ率等を満たしている限り、賃上げ税制の適用を受けられなくなるわけではないとのことです(T&A master No.925 9ページ)。

「資本金10億円以上」という「資本金」をまだ判定基準に使うかのかという気はしますが、とにかく要件に該当した大企業は、「給与等の支給額の引上げの方針」や「取引先との適切な関係の構築の方針」などを対外的に示すマルチステークホルダー宣言を行うことが求められています。

このマルチステークホルダー宣言では、「生産性向上」、「付加価値最大化」、「持続的成長・還元」、「賃上げ」、「人材投資」などのキーワードを漏れなく盛り込む必要があり、”付加価値最大化や持続的成長などは定義が曖昧であり、また「付加価値」等を数値で把握している企業も多くないと思われる”(T&A master No.925 9ページ)というものの、達成していないことが明らかであるという状況もありえます。このような場合に、どうなるのかですが、冒頭に記載のとおりT&A master誌が取材したところによれば、租税特別措置法(42の12の5)に定められた継続雇用者の雇用者の賃上げ率等の要件を満たしていれば、賃上げ税制の適用は受けられるとのことです。

なお、マルチステークホルダー宣言の公表・届出時期については、賃上げ税制の適用を受けようとする事業年度の期限までとされることが濃厚とされています。この場合、実質的に賃上げ税制適用の可否を判断する基準となる賃上げ率等の実績を踏まえて宣言できるというということになり、宣言したものの賃上げ税制の適用は受けられないという事態を回避することはできるようです。

関連記事

  1. 帳簿の提示を拒み続け約29億円を納付

  2. マンション屋上の携帯電話アンテナ設置料収入の取り扱い

  3. 3月末に期限の切れる租税特別措置等の適用期限延長

  4. 仮決算による法人税の中間納付の制限について-割に合うのか還付金?…

  5. 減資による中小税制適用の否認リスクは?

  6. グループ法人税(その6)-寄付金




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,990,153 アクセス
ページ上部へ戻る