閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年10社で限定付適正意見が表明
  2. バーチャルオンリー株主総会-反対推奨(ISS)
  3. 2021年IPOは124社-3月決算の割合が比較的少ないのは偶然か
  4. 令和4年度税制改正で少額固定資産の損金算入制度が見直し?
  5. 個人会計士事務所では上場会社の監査ができなくなるそうです
  6. 令和5年度税制改正では法人税増税?
  7. 免税事業者の適格請求書発行事業者登録日で2年縛りに違いが生じる?
  8. 2023年3月以降開催総会から総会資料の電子提供開始
  9. 平均監査報酬は微増 監査実施状況調査(2020年度)
  10. 改正電子取引 宥恕規定制定の状況は?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

カテゴリー:会計監査

2022年1月4日に金融審議会公認会計士制度部会が公表した同部会の報告書のポイントがQ&A形式でT&A master No.913に掲載されていました。配偶者の業務制限の見直しやCPEの単位が不足している場合に登録抹消が可能となる点…

2021年12月10日に日本公認会計士協会から、監査実施状況調査(2020年度)が公表されていました。連結ありの金商法監査の監査報酬の平均は5,271万7,000円で前年度の5,238万5,000円よりも33万2,000円増加となっ…

半年くらい前に話題となった大手監査法人におけるCPE不正受講問題ですが、2021年8月12日に日本公認会計士協会から「会員に対する懲戒処分について」というプレスリリースが公表され、これで一連の調査は一区切りとなるようです。会計士協会…

2021年7月29日日本公認会計士協会から公表された経営研究調査会資料第8号「上場会社等における会計不正の動向(2021年版)」(研究資料)の概要が経営財務3519号で取り上げられていました。今回公表された資料は2016年4月から2…

1ヶ月半位前に"会計限定監査役への損害賠償請求事件が最高裁へ"で取り上げた事案について、続報がT&A master No.892のニュース特集で取り上げられていました。会計限定がついているのであればと、監査役に就任している会計士、税理士の方…

経営財務j3515号・3516号の2回にわたりKAMの個数について2021年3月期の有価証券報告書で集計した結果が取り上げられていますが、3516号では、上場市場・売上高・業種別の平均個数についてまとめられていました。結論としては、…

2022年3月期から今年1月に改正された監査基準委員会報告書720「その他の記載内容に関連する監査人の責任」により、「その他の記載事項」について監査報告書に一定の記載が求められることになっています。監査報告書に記載されるという意味で…

経営財務3502号に掲載されていた記事(「キヤノンが2期目のKAM記載」)によると、2020年12月期の有価証券報告書でKAMを早期適用していた会社が8社あったとのことです。KAMを早期適用していたのは以下の8社(IFRS適用会社5…

経営財務3500号に会計監査人の交代に関する適時開示についての記事が掲載されていました。会計監査人の異動に関する適時開示等では、以前は「任期満了」による旨が単に記載されていることが普通でしたが、東証の「会社情報適時開示ハンドブック」…

昨年9月に明らかとなったあずさ監査法人におけるCPEの不正取得問題に関連して、2021年3月9日に日本公認会計士協会は、同監査法人に対して1か月の会員停止とする懲戒処分を下しました。1か月の会員停止でどのような影響があるのかですが、…

さらに記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

  1. 2021年監査報告書で上場会社10社で限定付適正意見が表明されたとのことです(経営財務3540号「限…
  2. ここにきてオミクロン株の感染者数が急増し、感染者数が過去最多というような状況となっているので、感染者…
  3. 例年よりも集計等が遅れましたが、2021年のIPOの状況を確認してみました。東証に2021年…
ページ上部へ戻る