閉じる
閉じる
閉じる
  1. 休業手当は給与課税、休業補償は非課税
  2. スチュワードシップ・コードの再改訂内容を確認
  3. 3月決算6月末申告でも一定の対応で利子税が免除になるそうです
  4. 企業が従業員に支給するコロナ対応の見舞金は非課税の可能性
  5. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?(最終結果)
  6. 2020年3月決算会社-上場10社程度が継続会開催方針を決定
  7. フリーランス等に支払う立替経費には源泉徴収が必要というけれど・・・
  8. 雇用保険法の改正を確認(2020年改正)
  9. 役員報酬の自主返納と定期同額給与
  10. 数カ月間の役員報酬減額、戻した後の損金算入はどうなる?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成23 年度税制改正大綱

少し時間があったので、昨年の12月16日に閣議決定された「平成23 年度税制改正大綱」をぱらぱらと見ていたら、今回の税制改正の基本的な考え方として以下のように述べられていました。

「我が国財政は、少子高齢化の進行による社会保障関係費の増大、度重なる減税と景気低迷に伴う税収減などが相まって危機的状況にあり、税収力の回復が喫緊の課題となっています。」と。
やっぱり、どう考えても「危機的」ですよね。その割に、パフォーマンスとしか思えない事業仕分を何回もやってみたり、バラマキと揶揄される政策をとっている意味がよくわかりません。

まあ、それはさておき、私の業務に関係がありそうな法人税改正の中身を見ていくと、「改革の取組み」として以下の6項目が掲げられていました。項目と簡単な内容を示します。

①法人実効税率の引き下げ
法人税率を30%から25.5%に引き下げ、地方税と合わせて実効税率を5%引き下げる。

②中小法人に対する軽減税率の引き下げ
平成22 年度末に期限切れを迎える中小法人に対する18%の軽減税率を15%に引き下げる。

③雇用促進税制
雇用を一定以上増やした企業に対する税制上の優遇措置を創設するともに、育児支援や障害者雇用促進のための税制上の優遇措置の創設・拡充を行う。

④環境関連促進税制
先進的な低炭素・省エネ設備への投資に対し、税制上の優遇措置を講じる

⑤総合特区制度・アジア拠点化推進のための税制
国際戦略総合特別区域(仮称)における成長産業や外資系企業等の集積を促進するため、税制上の支援措置を創設する。さらに、グローバル企業のアジア地域統括拠点や研究開発拠点等を呼び込むための税制上の支援措置を創設する。

⑥租税特別措置(国税)の見直し
政策税制措置について109 項目の見直しを行い、その結果として、50 項目を廃止又は縮減する。

より詳細な内容については次回以降見ていくことにします。

日々成長

関連記事

  1. ソーラーシェアリングと税金

  2. マンション管理組合の駐車場貸出は収益事業?

  3. 連結納税制度(その1)-平成22年税制改正で導入しやすくなった?…

  4. 従業員不正による損害賠償金の計上時期

  5. 非常勤役員への日当は損金不算入?

  6. 自宅兼事務所の家賃が必要経費として認められなかった裁判の詳細が判…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,782,092 アクセス
ページ上部へ戻る