閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  2. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  3. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  4. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  5. 四半期開示は結局どうなる?
  6. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  7. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  8. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  9. 任意の会計監査人
  10. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

税理士登録

昨日は相続対策について書いたので、今日はついでに税理士登録について書きます。会計士として個人で仕事をしているとよく聞かれます。「税理士登録はしないんですか?」と。

現在の制度では、公認会計士としての資格を有していれば税理士の登録をすることができます。儲かっていても儲かっていなくても会社には法人税等の申告が付きまといます。 ですから、仕事としては税金も取り扱ったほうが仕事が獲得しやすくなると思います。

しかしながら、現時点では二つの理由によって税理士登録はしていません。
最も根本的な理由は、やはり頻繁に改正される税制を追っかけるのは、相当な労力をかけて取り組まないとならないということです。そこに時間をかけるならば他の事に取り組みたいですし、税理士業務を専門でやっている知り合いも多いので、税金はその人たちに任せた方がみんなハッピーになれると思うのです。

第二に、登録するにも登録を維持するのにも費用が結構かかるためです。どこで登録するかによって多少異なるようですが、登録免許税や登録手数料で約20万円、このほか税理士会の年会費等で年間やはり20万円程度がかかります。税務業務をやる気がないのにかけられる費用ではありません。

税務業務は無償であっても税理士以外が行うことができない独占業務です。クライアントから税金について質問されることもあります。「一般的にはこうじゃないですかねー」と話し、最終的には顧問税理士さんに確認してくださいということになるのですが、税理士登録をしていれば、そのへんもあまり気にせずに済むのになと思うことはあります。

会計士の税理士登録を見直す動きもあるようですが、試験が簡単になって合格者数が増えてしまえば当然の結果といえるでしょう。しかしながら、現状税理士登録していない私も、今後は税理士登録できなくなるとしたら、その時に税理士登録を駆け込みで行うという選択をするかもしれません。このように考える会計士も多いのではないかと思いますので、一時的にはかえって税理士を増加させる結果となるのではないかと思います。
もっとも、単に税理士登録しても役に立ちませんが・・・

日々成長

関連記事

  1. スキャナ保存の入力期限等を緩和する方向で電子帳簿保存法が改正へ

  2. 仮決算による法人税の中間納付の制限について-割に合うのか還付金?…

  3. 貯蔵品の課税仕入れを行った日はいつか?-貯蔵品残高は税込?税抜?…

  4. 懲戒請求に被超会社の意思確認は必要なし

  5. 保険金の遅延利息と源泉税

  6. 粉飾決算に対する税理士の責任は?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,909,673 アクセス
ページ上部へ戻る