閉じる
閉じる
閉じる
  1. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  2. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  3. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  4. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  5. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
  6. 東証一部上場会社の約3割がESG、SDGs等を有報で開示
  7. 株式交付(その3)-手続概要
  8. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
  9. IFRS任意適用会社数の伸びが鈍化
  10. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

東証の上場基準が緩和されたそうですが・・・

2012年3月6日に、東証は有価証券上場規程等の一部を改正し、東証一部及び二部への上場審査基準を緩和しました。

基準を引き下げてIPOを促進するのがねらいとのことです。

ただし、そうは言っても東証一部および二部への上場基準なので、ハードルは決して低くはありませんが、利益基準および時価総額基準は以下のように変更されています。

1.利益基準
①従来
次のaからcまでのいずれかに適合していること(なおcは下記時価総額基準です)
a.利益の額が、最近2年間において
最初の1年間 …1億円以上
最近の1年間 …4億円以上

b.利益の額が、最近3年間において
最初の1年間 …1億円以上
最近の1年間 …4億円以上? ?かつ? ?最近3年間の総額…6億円以上

②変更後
最近2年間の利益の額の総額が5億円以上であること

なお、上記の「利益」については、従来は「連結経常利益金額又は連結税金等調整前当期純利益金額のいずれか低い額」とされていましたが、変更後は「利益の額については連結経常利益金額」となっています。

利益基準については、最近3年間の基準が撤廃されるとともに、2年の総額基準だけとなっています。ハードルが下がったというよりは上がったような感じもしますが、東証1部ないし2部に上場しようと考える会社であれば、従来の基準でも利益基準が問題となることはあまりなかったのではないかと考えられますので、実質的にはあまり影響ないのではないかと思います。

2.時価総額基準
①従来
時価総額が 1,000 億円以上(かつ、最近1年間における売上高が 100 億円以上であること)

②変更後
最近1年間における売上高が100 億円以上である場合で、かつ、時価総額が500 億円以上となる見込みのあること

なお、上記の場合の時価総額はいずれも上場時見込みの時価総額となっています。
売上高については変更ありませんが、時価総額が1000億円から500億円に引き下げられています。1000億円が500億円となったのは金額的な変動は大きいですが、IPOを促進することになるかと言われれば微妙な感じがします。

また、「純資産の部」の基準は以下のように変更されています。

①従来
上場申請日の直前事業年度の末日における純資産の額が10 億円以上であることが必要

②変更後

上場日における純資産の額が 10 億円以上となる見込みのあることが必要

これもMUSTから見込みになっているので緩和であることは間違いないですが、それほど影響があるようには思えません。

結局のところ、これによってIPOが増えるという感じの緩和ではなさそうです。
上記の他、変更点の新旧対照表は東証のHP(以下URL)で確認することができます。

http://www.tse.or.jp/listing/b_listing/guide/b7gje600000055sf-att/b7gje6000002dxrb.pdf

日々成長

関連記事

  1. 消費税(その13)-課税売上割合の算出3

  2. 中退共が確定給付制度の内枠の制度である場合の会計処理

  3. 法定実効税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の開示例(そ…

  4. 連結納税の税効果(その2)

  5. 2017年上期のIPOは41社-監査法人別の内訳は?

  6. 新規上場のためのIの部と過年度遡及会計基準との関係

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,485,835 アクセス
ページ上部へ戻る