閉じる
閉じる
閉じる
  1. ムゲンエステート、消費税をめぐる裁判で上告を断念
  2. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大
  3. 2021年2月期の小売業・サービス業のコロナ影響収束見込
  4. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?
  5. 2021年3月期有価証券報告書、金融庁レビューの重点テーマ審査は?
  6. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係
  7. 名義変更保険の節税が不可能になるようです
  8. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
  9. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  10. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

第1四半期におけるCF計算書の開示・非開示の変更

経営財務3073号(2012年7月16日)に“平成25年3月期の第1四半期決算開示の留意点”という記事が掲載されていました。

結構な分量だったので、今回の四半期でそんなに変わったことがあったかと若干あせりましたが、結論からすると平成25年第1四半期から強制される改正基準は個別財務諸表に適用されないことになったことによる「包括利益の表示に関する会計基準」の改正関連のみでした。

大きな改正はありませんが、四半期開示が簡略化された2年目ということで、キャッシュフロー計算書やPLの3カ月情報を開示と非開示で切り替えた場合の取扱いについて述べられていたので確認しておきます。

まず大前提を確認しておくと、四半期損益計算書(3カ月情報)、四半期キャッシュフロー計算書の開示については、同一年度内の首尾一貫性は求められるものの、基準上は年度間の継続性は求められていません(四半期財務諸表に関する会計基準(以下「四半期基準」とする)第7-3項)。

とはいうものの、みだりに変更することは望ましくないとされています(「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令(案)」等に対するパブリックコメントの概要及びそれに対する金融庁の考え方No2、No3)。

(1)今期からキャッシュフロー計算書の作成を省略するケース

昨年は他社も開示するだろうと考えてキャッシュフロー計算書を開示したものの、蓋を開けてみたら省略しているケースが多かったため今年からは第1四半期と第3四半期の開示はやめるというケースです。

この場合、比較情報との関係がどうなるのかですが、比較情報は、当年度の開示情報に対応する情報であるため、今第1四半期においてキャッシュフロー計算書の開示を省略した場合、前期開示したキャッシュフローは記載する必要はないことになります。
また、前期開示していたキャッシュフロー計算書に関連する注記情報についても、今期での開示が不要となります。

(2)今期からキャッシュフロー計算書を作成するケース

この場合、前年度における対応する期間のキャッシュフロー計算書については比較情報として開示する必要はありません(四半期基準7-4項)。ただし、監査人によるレビュー手続きを経ることを条件に比較情報を任意に開示することはできるとされています(四半期基準37-3項)。

日々成長。

関連記事

  1. 「会計基準の選択に関する基本的な考え方」平成27年3月決算会社事…

  2. 転換社債とは?

  3. 決算短信の業績予想開示に自由記載形式が認められました

  4. 中退共が確定給付制度の内枠の制度である場合の会計処理

  5. 単体開示の簡素化-早ければ平成26年3月期より

  6. 「前払年金費用」の独立掲記

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,964,281 アクセス
ページ上部へ戻る