閉じる
閉じる
閉じる
  1. 名義変更保険の節税が不可能になるようです
  2. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
  3. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  4. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
  5. 定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?
  6. 役員賞与の支給順序変更も事前確定給与として損金算入可能
  7. カタログの「総額表示」対応
  8. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきているそ…
  9. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意…
  10. D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

流産であっても場合によっては出産育児一時金は受給可能

今回は出産育児一時金についてです。

健康保険の被保険者及びその被扶養者が出産した場合、健康保険から(家族)出産育児一時金が支給されます。これは、健康保険組合だけでなく、国民健康保険に加入している方も同様です。

金額は基本的に一児につき42万円です。つまり、双子の出産であれば84万円が支給されます。

ところで、出産育児一時金の「出産」とは無事子供が生まれた場合だけでなく、妊娠85日(4ヵ月)以後の死産(流産)、人工妊娠中絶が含まれます

サラリーマンの場合、無事出産した場合に出産育児一時金の受給を失念するということはないと思います。一方で、残念ながら流産した場合、特に被扶養者の4ヵ月直後の流産のような場合には妊娠していることを周知していないことも多く、出産育児一時金を請求できるということを知らないため請求を失念するということがありえます。

なお、出産育児一時金の時効は、「出産の日の翌日から起算して2年を経過する日」となっていますので、2年以内に気付けば請求可能です。

日々成長

関連記事

  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事…

  2. 宴会への参加に関する労働法上の取扱い

  3. 在宅勤務にみなし労働時間制を適用できるか

  4. 2020年9月より厚生年金保険の標準報酬月額の上限が引き上げられ…

  5. 2014年賃上げ見込み-定昇込みで2.1%もそれじゃ手取りはマイ…

  6. 電通へ労働局調査報道も株価へは影響なしが現実か?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,891,301 アクセス
ページ上部へ戻る