閉じる
閉じる
閉じる
  1. 短期前払費用特例適用の留意点
  2. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  3. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  4. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  5. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
  6. 社会保険等で引き続き押印が必要な手続きは何?
  7. 2020年4月~2021年6月に61社が減資関連の適時開示を実施
  8. 電子取引制度-Excel台帳でも検索要件を満たせるようです
  9. 低解約返戻保険等の改正所得税改正通達が公表されました
  10. 中小企業経営資源集約化税制、DDが適用要件
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会計基準選択の採用理由までの記載は不要なようです

以前”東証決算短信の記載要領が改正(2014年11月)-会計基準選択の考え方の記載が必須に!”というエントリで記載しましたが、平成27年3月期より決算短信で「会計基準の選択に関する基本的な考え方」を記載することが必要となりました。

IFRSの任意適用企業拡大促進を目指した改正であったため、IFRSを採用することを考えていないような場合にはどうすればよいのかが気になっていましたが、T&A Master No.575でこの点が取り上げられていました。

同記事によると「IFRSへの移行を検討していない上場企業は、日本基準(米国基準)を採用している理由を書かなければならないのかといった疑問が生じていた」が、「この点、本誌の取得によれば、IFRSへの移行を検討しなければ「今後も日本基準(米国基準)を使用する」といった旨を開示すればよいとされている。採用理由を開示することまでは求められていないようだ。」とのことです。

変に取り繕う必要な内容で、一安心です(そもそもの趣旨には反しますが・・・)。

日々成長。

関連記事

  1. 監査・レビュー未了の報告書をEDINETに提出で監査人交代

  2. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?

  3. 有報で西暦表示採用は500社以上

  4. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正

  5. 会計上の見積りを行う上での新型コロナウイルス感染症の影響の考え方…

  6. 平成28年度税制改正による「決算日後の法人税等の税率の変更」の注…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,284,278 アクセス
ページ上部へ戻る