閉じる
閉じる
閉じる
  1. 株主総会開催地の定款の定めは削除するのが賢明
  2. グループ通算制度の概要(その3)ー時価評価
  3. 社外取締役の在り方に関する実務指針ー社外取締役の5つの心得とは?
  4. 上場会社当における会計不正ー5年で167件は氷山の一角?
  5. グループ通算制度の概要(その2)ーみなし事業年度
  6. コロナ禍で役員給与長期未払も即、定期同額給与否定とはならず
  7. 2022年10月1日から5人以上の士業事務所も厚生年金の強制加入対象に…
  8. 会計監査人の異動は過去5年で最多の142件に-令和2年モニタリングレポ…
  9. コロナ関連のGC注記を5社が記載(経営財務誌調べ)
  10. グループ通算制度の概要(その1)-概要
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会計基準選択の採用理由までの記載は不要なようです

以前”東証決算短信の記載要領が改正(2014年11月)-会計基準選択の考え方の記載が必須に!”というエントリで記載しましたが、平成27年3月期より決算短信で「会計基準の選択に関する基本的な考え方」を記載することが必要となりました。

IFRSの任意適用企業拡大促進を目指した改正であったため、IFRSを採用することを考えていないような場合にはどうすればよいのかが気になっていましたが、T&A Master No.575でこの点が取り上げられていました。

同記事によると「IFRSへの移行を検討していない上場企業は、日本基準(米国基準)を採用している理由を書かなければならないのかといった疑問が生じていた」が、「この点、本誌の取得によれば、IFRSへの移行を検討しなければ「今後も日本基準(米国基準)を使用する」といった旨を開示すればよいとされている。採用理由を開示することまでは求められていないようだ。」とのことです。

変に取り繕う必要な内容で、一安心です(そもそもの趣旨には反しますが・・・)。

日々成長。

関連記事

  1. 証券取引委員会の課徴金事例集-不正事例は読んでおくとよいのでは?…

  2. 平成26年3月期有価証券報告書の記載事項の変更箇所確認(その1)…

  3. 平成27年3月期第1四半期報告書の変更点

  4. 平成27年3月期有報から役員の男女比率の記載が必要になるようです…

  5. 企業内容等開示府令の改正を確認(その2)

  6. エナリスに対する上場契約違約金2400万円は高い、安い?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,023,419 アクセス
ページ上部へ戻る