閉じる
閉じる
閉じる
  1. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  2. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  3. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  4. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  5. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  6. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  7. 光通信株式会社と株式会社光通信
  8. 株式需給緩衝信託の会計処理
  9. 非財務情報開示強化に向けた動向
  10. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会計基準選択の採用理由までの記載は不要なようです

以前”東証決算短信の記載要領が改正(2014年11月)-会計基準選択の考え方の記載が必須に!”というエントリで記載しましたが、平成27年3月期より決算短信で「会計基準の選択に関する基本的な考え方」を記載することが必要となりました。

IFRSの任意適用企業拡大促進を目指した改正であったため、IFRSを採用することを考えていないような場合にはどうすればよいのかが気になっていましたが、T&A Master No.575でこの点が取り上げられていました。

同記事によると「IFRSへの移行を検討していない上場企業は、日本基準(米国基準)を採用している理由を書かなければならないのかといった疑問が生じていた」が、「この点、本誌の取得によれば、IFRSへの移行を検討しなければ「今後も日本基準(米国基準)を使用する」といった旨を開示すればよいとされている。採用理由を開示することまでは求められていないようだ。」とのことです。

変に取り繕う必要な内容で、一安心です(そもそもの趣旨には反しますが・・・)。

日々成長。

関連記事

  1. 2012年3月期の決算短信における自由記載方式採用は6社

  2. ESG指標に連動するPSUの一部を損金算入した事例

  3. 英訳した有報を開示している16社

  4. 「実務補習生の不適切な行為について」って何が?

  5. コロナ関連の追加情報-重要な変更なくても、その旨を四半期報告書で…

  6. 現物株式報酬導入企業は累計130社に




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,074,904 アクセス
ページ上部へ戻る