閉じる
閉じる
閉じる
  1. リース基準・・・参考人より日本の不動産賃貸借の特殊性に考慮が望まれると…
  2. 管理監督者に深夜割増手当を支給していないが8.9%
  3. DESを巡る税賠訴訟、高裁でも税理士法人に3億円の賠償命令
  4. 複数の業界団体から四半期開示にかかる意見書等が提出されているそうです
  5. 時価の算定に関する会計基準(その3)
  6. のれんの償却期間は基本的に10年が上限になる?
  7. 収益認識会計基準の早期適用新たに8社が開示
  8. フリンジベネフィット開示に変化の兆しがあるらしい
  9. 時価の算定に関する会計基準(その2)
  10. 全額損金算入タイプから払済保険への変更も洗替処理が必要
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会計基準選択の採用理由までの記載は不要なようです

以前”東証決算短信の記載要領が改正(2014年11月)-会計基準選択の考え方の記載が必須に!”というエントリで記載しましたが、平成27年3月期より決算短信で「会計基準の選択に関する基本的な考え方」を記載することが必要となりました。

IFRSの任意適用企業拡大促進を目指した改正であったため、IFRSを採用することを考えていないような場合にはどうすればよいのかが気になっていましたが、T&A Master No.575でこの点が取り上げられていました。

同記事によると「IFRSへの移行を検討していない上場企業は、日本基準(米国基準)を採用している理由を書かなければならないのかといった疑問が生じていた」が、「この点、本誌の取得によれば、IFRSへの移行を検討しなければ「今後も日本基準(米国基準)を使用する」といった旨を開示すればよいとされている。採用理由を開示することまでは求められていないようだ。」とのことです。

変に取り繕う必要な内容で、一安心です(そもそもの趣旨には反しますが・・・)。

日々成長。

関連記事

  1. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正

  2. 平成26年3月期役員報酬1億円以上が18人で過去最多の会社は?

  3. 平成27年度税制改正による税効果の注記例-1月・2月決算は決算日…

  4. 基準が公表されたら発行を中止する前提で有償ストック・オプションを…

  5. 不適正開示の発生傾向

  6. 後発事象ー決算発表直前に発生すると困ります

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,697,970 アクセス
ページ上部へ戻る