閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

国外居住親族の扶養控除適用を厳格化の方針-財務省

財務省は平成27年度税制改正で国外居住親族の扶養控除適用を厳格化する方針とのことです(T&A master No.572)。

普通の人にとっては、ほとんど関係ない話ですが、日本の会社に雇用されている中国人などアジア圏の外国人労働者(ひいてはそのような会社の給与計算担当者)には結構影響があるのではないかと思います。

扶養控除の対象となる扶養親族の範囲は、居住者の6親等内の血族及び3親等内の姻族等でその居住者と生計を一にするもので一定の所得要件を満たすものなので、生計を一にしていれば相当広い範囲の人が扶養控除の対象者となる可能性はあります。

そのため、物価水準が異なる国の従業員の場合、日本で得た所得で、日本人の感覚からすると多い人数を扶養しているということもあり得ます。

ところが、現行法令においては、扶養控除の適用にあたって、控除対象扶養親族の要件を満たしていることを証明する書類の添付が義務付けられていないため、今年11月に会計検査院が公表した平成25年年度決算検査報告では「適用要件を満たしているか十分な確認ができていないまま扶養控除が適用されている」と問題点が指摘されていました。

これを受けて、財務省が日本国外に居住する親族に係る扶養控除を見直す方針を固めたそうです。

具体的には、日本国外に居住する扶養親族について扶養控除の適用を受ける場合には「親族であることを確認できる書類」および「送金の事実を確認できる書類」の添付を新たに義務付ける方針となっているとのことです。

日々成長

関連記事

  1. セルフメディケーションの添付書類の見直し

  2. 実費請求の交通費に対する源泉漏れで追徴?

  3. 配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額等の改正(平成30年分より)…

  4. 通勤手当と消費税・所得税の関係

  5. 資格取得費が所得控除できるという特定支出控除って何?

  6. 前月に給与支払いがない従業員に対して賞与を支給した時の源泉徴収方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,800,845 アクセス
ページ上部へ戻る