閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

改正退職給付会計基準、割引率は単一加重平均が約9割

経営財務No.3196によると、同誌が27年3月期第1四半期報告書提出会社を調査した結果、約9割が退職給付債務の計算に「単一の加重平均割引率」を選択したことが判明したとのことです。

具体的には27年3月期第1四半期報告書において、「会計方針の変更」に改正退職給付会計基準の適用に関する事項を記載していた会社1,106社のうち1,003社が割引率の設定方法について具体的に記載しており、913社(91%)が「単一の加重平均割引率」を選択していたとのことです。

複数の割引率を使用するのは難しいので、単一の加重平均割引率を使用している会社が約9割というのも納得です。

一方で複数の割引率を使用して計算の精度を高めようとしている会社が約1割あったということですので、それはどのような会社なのか興味があったので、平成27年3月期第1四半期報告書を検索してみました。

すると、複数割引率を選択した会社の特徴といえそうなのは、東証一部の会社がほとんどであるという点です。

業種はばらけているようですが、強いてあげるとすればみずほフィナンシャルグループ等14社がヒットした銀行業が多いようです。さすが金融だけあって、複雑な割引率設定もお手のものというところでしょうか。

東証一部以外の例をあげると、藍澤證券㈱(JQS)、㈱クエスト(JQS-情報通信)、㈱ブルボン(東二-食料品)、㈱TTK(東二-建設業)などがあります。

また、マザーズ上場企業で複数割引率を選択している事例は見当たりませんでした。これも市場の特性から考えると納得です、

日々成長

関連記事

  1. 年金資産の内訳作成時の留意事項(金融庁より)

  2. 実務対応報告第37号「務対応報告第34号の適用時期に関する当面の…

  3. 退職給付債務の計算方法を簡便法から原則法へ変更した場合の処理(そ…

  4. ベースアップと改正退職給付会計基準における退職給付債務の計算の関…

  5. 「税効果会計に関するQ&A」の改正案-退職給付債務の未…

  6. 「退職給付に関する会計基準(企業会計基準第26号)」の公表(その…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,990,170 アクセス
ページ上部へ戻る