閉じる
閉じる
閉じる
  1. 18監査事務所が会計士資格を誤表記で有報訂正が必要らしい
  2. 内部統制新基準が2025年3月期より適用に(公開草案)
  3. デューデリジェンス(DD)費用の税務上の取り扱い
  4. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  5. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  6. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  7. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  8. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  9. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  10. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

改正退職給付会計基準、割引率は単一加重平均が約9割

経営財務No.3196によると、同誌が27年3月期第1四半期報告書提出会社を調査した結果、約9割が退職給付債務の計算に「単一の加重平均割引率」を選択したことが判明したとのことです。

具体的には27年3月期第1四半期報告書において、「会計方針の変更」に改正退職給付会計基準の適用に関する事項を記載していた会社1,106社のうち1,003社が割引率の設定方法について具体的に記載しており、913社(91%)が「単一の加重平均割引率」を選択していたとのことです。

複数の割引率を使用するのは難しいので、単一の加重平均割引率を使用している会社が約9割というのも納得です。

一方で複数の割引率を使用して計算の精度を高めようとしている会社が約1割あったということですので、それはどのような会社なのか興味があったので、平成27年3月期第1四半期報告書を検索してみました。

すると、複数割引率を選択した会社の特徴といえそうなのは、東証一部の会社がほとんどであるという点です。

業種はばらけているようですが、強いてあげるとすればみずほフィナンシャルグループ等14社がヒットした銀行業が多いようです。さすが金融だけあって、複雑な割引率設定もお手のものというところでしょうか。

東証一部以外の例をあげると、藍澤證券㈱(JQS)、㈱クエスト(JQS-情報通信)、㈱ブルボン(東二-食料品)、㈱TTK(東二-建設業)などがあります。

また、マザーズ上場企業で複数割引率を選択している事例は見当たりませんでした。これも市場の特性から考えると納得です、

日々成長

関連記事

  1. 「退職給付に関する会計基準」は割引率の改正が影響大?

  2. 「退職給付に関する会計基準(企業会計基準第26号)」の公表(その…

  3. IAS19(退職給付)の改定―遅延認識の廃止等

  4. 複数事業主制度の退職給付注記-退職給付適用指針の改正

  5. 有価証券報告書作成の留意点(平成27年3月期)-その2

  6. この会社の退職給付債務が1兆円超!!




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,404,649 アクセス
ページ上部へ戻る