閉じる
閉じる
閉じる
  1. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  2. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  3. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  4. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  5. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  6. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  7. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
  8. GoToトラベル-出張費を総額精算でも給与課税なし
  9. 公認会計士協会への会費は商事時効では消滅しない
  10. 主要な日本企業 継続監査期間が60年超は7社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「会計基準の選択に関する基本的な考え方」の記載事例が登場

平成27年3月期より短信において「会計基準の選択に関する基本的な考え方」を記載しなければならないことになりましたが、平成26年12月決算の会社で記載を行った会社がいくつかありましたので紹介します。

1.桧家ホールディングス

平成26年12月期決算短信

4.会計基準の選択に関する基本的な考え方
当社グループの業務は現在日本国内に限定されており、海外での活動がないことから、当面は日本基準を採用することとしておりますが、今後の外国人株主比率の推移及び国内他社のIFRS(国際財務報告基準)採用動向を踏まえつつ、IFRS適用の検討をすすめていく方針であります。

2.横浜ゴム

平成26年12月期決算短信

4. 会計基準の選択に関する基本的な考え方
将来の IFRS適用に備え、社内のマニュアルや指針等の整備及びその適用時期について検討を進めております。

3.キリンホールディングス

平成26年12月期決算短信

3.会計基準の選択に関する基本的な考え方
当社グループは、資本市場における財務情報の国際的な比較可能性の向上を目的に、平成29年12月期期末決算からのIFRS適用を検討しております。

4.スミダコーポレーション

平成26年12月期決算短信

(6) 会計基準の選択に関する基本的な考え方
当社は、資本市場における財務情報の国際的な比較可能性を向上させ、クマルーフη 内で、の会計処理の統一等を目的として、新しい中期経営計画の最終年度である平成29年 (2017年) 12月期第 1四半期より国際財務報告基準(IFRS) を任意適用することを予定しております。

5.協和発酵キリン㈱

平成26年12月期決算短信

4.会計基準の選択に関する基本的な考え方
当社グループは、資本市場における財務情報の国際的な比較可能性の向上を目的に、平成29年12月期期末決算からのIFRS適用を検討しております。

6.中外製薬㈱

平成26年12月期決算短信

4. 会計基準の選択に関する基本的な考え方
当社グループ。は、 2013年12月期第 1四半期連結会計期聞から国際会計基準(IFRS)を適用しております。

こうしてみると、最初の桧家ホールディングスを除いてはIFRSの適用が決定(適用済)または予定されていますので日本基準を継続適用しようとする場合には参考になりませんが、最初の桧家ホールディングスは今後の参考になりそうです。

日々成長

関連記事

  1. 有価証券報告書と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その3)

  2. 証券取引委員会の課徴金事例集-不正事例は読んでおくとよいのでは?…

  3. エナリスで第三者調査委員会が設置-以前の報告書が公表されなかった…

  4. 社外取締役を置くことが相当でない理由-3月決算事例

  5. 在外子会社の使用権資産のBS表示科目

  6. 取得後3ヶ月の実績でのれん6億円の減損、そして上場廃止

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,362,186 アクセス

ページ上部へ戻る