閉じる
閉じる
閉じる
  1. 監査報酬は6年連続増加傾向-2020年版上場企業監査人・監査報酬実態調…
  2. 休業手当は給与課税、休業補償は非課税
  3. スチュワードシップ・コードの再改訂内容を確認
  4. 3月決算6月末申告でも一定の対応で利子税が免除になるそうです
  5. 企業が従業員に支給するコロナ対応の見舞金は非課税の可能性
  6. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?(最終結果)
  7. 2020年3月決算会社-上場10社程度が継続会開催方針を決定
  8. フリーランス等に支払う立替経費には源泉徴収が必要というけれど・・・
  9. 雇用保険法の改正を確認(2020年改正)
  10. 役員報酬の自主返納と定期同額給与
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IFRS任意適用会社が60社を突破

1月下旬に日立グループの会社が相次いでIFRSの任意適用を公表したことで、IFRSの任意適用会社が60社を超えて62社となりました。

日立グループでIFRSの任意適用を公表したのは、日立製作所、日立キャピタル、日立ハイテクノロジーズ、日立工機、日立国際電気、日立建機、日立化成の7社となっています。こうみると、日立ってすごいのだなと改めて感じました。

また1月29日には東芝も2017年3月期からIFRSの任意適用を公表しました。日立も東芝も元々米国基準を適用していた会社ですのでIFRSへの移行も比較的行いやすかったのかもしれません。

IFRSの任意適用を公表している62社の過半数が製造業となっています。なんだかんだいっても日本は製造業の国ということなのかもしれません。

300社まであと約240社。目標を達成することはできるのだろうか・・・

日々成長

関連記事

  1. 三井物産が2014年3月からIFRSを任意適用-これで25社目

  2. IAS19(退職給付)の改定―遅延認識の廃止等

  3. IASBがのれん減損テストの緩和措置を検討するそうです

  4. IFRS任意適用10社目は楽天-2013年12月期第1四半期より…

  5. ソフトバンクと丸紅がIFRSの任意適用を発表-これで12社

  6. IFRSの任意適用要件が緩和の方向へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,790,576 アクセス
ページ上部へ戻る