閉じる
閉じる
閉じる
  1. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  2. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  3. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  4. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  5. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  6. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  7. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  8. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
  9. GoToトラベル-出張費を総額精算でも給与課税なし
  10. 公認会計士協会への会費は商事時効では消滅しない
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IFRS任意適用会社が60社を突破

1月下旬に日立グループの会社が相次いでIFRSの任意適用を公表したことで、IFRSの任意適用会社が60社を超えて62社となりました。

日立グループでIFRSの任意適用を公表したのは、日立製作所、日立キャピタル、日立ハイテクノロジーズ、日立工機、日立国際電気、日立建機、日立化成の7社となっています。こうみると、日立ってすごいのだなと改めて感じました。

また1月29日には東芝も2017年3月期からIFRSの任意適用を公表しました。日立も東芝も元々米国基準を適用していた会社ですのでIFRSへの移行も比較的行いやすかったのかもしれません。

IFRSの任意適用を公表している62社の過半数が製造業となっています。なんだかんだいっても日本は製造業の国ということなのかもしれません。

300社まであと約240社。目標を達成することはできるのだろうか・・・

日々成長

関連記事

  1. IFRSにおける有給休暇引当金の参考事例

  2. 消化仕入の表示方法を総額表示から純額表示へ変更-平成28年3月期…

  3. IFRSでの減価償却費はやはり定額法が無難?

  4. ソフトバンクと丸紅がIFRSの任意適用を発表-これで12社

  5. IFRS任意適用の目標が300社というのは何故?

  6. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,370,201 アクセス

ページ上部へ戻る