閉じる
閉じる
閉じる
  1. 清流監査法人に対し行政処分を勧告
  2. 収益認識会計基準ー28社が早期適用【経営財務誌調べ】
  3. 三菱ケミカルホールディングスが任意でKAMの報告を受領
  4. 19年3月期決算短信、2Q予想開示取りやめが2.9ポイント増加
  5. 不動産鑑定士の鑑定評価額、相続税法上の時価と認められず
  6. 一定の短期払のがん保険も資産計上対象に
  7. 日本税理士会連合会が給与所得控除削減を求める
  8. 労働基準法上、賃金の一部または全部を外貨で支払うことは可能か?
  9. 東京都令和元年10月1日以後の外形標準課税の超過税率が決定
  10. 公認会計士等の実質的異動理由を10個例示・・・企業内容等ガイドライン
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IFRS任意適用会社が60社を突破

1月下旬に日立グループの会社が相次いでIFRSの任意適用を公表したことで、IFRSの任意適用会社が60社を超えて62社となりました。

日立グループでIFRSの任意適用を公表したのは、日立製作所、日立キャピタル、日立ハイテクノロジーズ、日立工機、日立国際電気、日立建機、日立化成の7社となっています。こうみると、日立ってすごいのだなと改めて感じました。

また1月29日には東芝も2017年3月期からIFRSの任意適用を公表しました。日立も東芝も元々米国基準を適用していた会社ですのでIFRSへの移行も比較的行いやすかったのかもしれません。

IFRSの任意適用を公表している62社の過半数が製造業となっています。なんだかんだいっても日本は製造業の国ということなのかもしれません。

300社まであと約240社。目標を達成することはできるのだろうか・・・

日々成長

関連記事

  1. ソフトバンクと丸紅がIFRSの任意適用を発表-これで12社

  2. 三菱商事が2014年3月期からIFRSを任意適用

  3. 財務諸表の作成及び表示に関するフレームワーク(IFRS)

  4. IAS19(退職給付)の改定―遅延認識の廃止等

  5. IAS10(後発事象)

  6. 「会計基準選択の考え方」によるIFRS適用予定・含みは120社-…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,275,839 アクセス
ページ上部へ戻る