閉じる
閉じる
閉じる
  1. バーチャルオンリー株主総会-反対推奨(ISS)
  2. 2021年IPOは124社-3月決算の割合が比較的少ないのは偶然か
  3. 令和4年度税制改正で少額固定資産の損金算入制度が見直し?
  4. 個人会計士事務所では上場会社の監査ができなくなるそうです
  5. 令和5年度税制改正では法人税増税?
  6. 免税事業者の適格請求書発行事業者登録日で2年縛りに違いが生じる?
  7. 2023年3月以降開催総会から総会資料の電子提供開始
  8. 平均監査報酬は微増 監査実施状況調査(2020年度)
  9. 改正電子取引 宥恕規定制定の状況は?
  10. 契約負債に流動固定分類は不要?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

為替予約等の含み益で十億超の計上漏れ?

上場会社であればこのようなことはないのでしょうが、T&A masterのNo.590に「為替予約等の含み益を十億超計上漏れ」という記事が掲載されていました。

この記事によると同誌の取材によって、税務当局から十数億円にのぼる為替差益の計上漏れを指摘されるケースが発生したことが明らかになったとのことです。

法人税法上は、一定の要件を満たす場合を除き、期末において含み損益のある為替予約等がある場合には、当該含み損益を時価評価して損益を計上しなければなりませんが、「企業や顧問税理士等がこのような金融商品取引税制の取扱いに関する十分な知識を持っていないため、ヘッジ処理や振当処理が行われていないことはもちろん、本来であれば含み損益を時価評価しなければならない状態にあるにもかかわらず、時価評価も行われず放置されているケースが少なくないようだ」とのことです。

今回取り上げられていた十数億円にのぼる為替差益の計上漏れを指摘された法人は、大規模法人ではなく、税務署管轄の法人とのことです。

円安が急激にすすんだため、たしかに多額の含み益を有する為替予約等があることは考えられます。この記事では金融商品取引税制が、「その複雑さ、難解さに加え、実務で使う経験がそれほど多くないことから、中小企業の経理担当者はもちろん、税理士等の専門家であっても十分な知識をもっていないことが少なくない」とされています。

顧問税理士さんについては、知識がどうこうではなく、そもそも為替予約等の存在自体を知らないという可能性が高いのではないかと思います。「特に輸出入業者等を顧問先に抱える税理士等は、期末において未決済のデリバティブ取引が存在していないかどうか、改めて確認しておく必要があろう」とされているとおり、一応デリバティブ取引をやっていないかの確認くらいはしておいた方が良さそうです。

そうはいっても、会社担当者がさっぱり理解しないでデリバティブ取引を行っているようなこともないとはいえませんが・・・

日々成長

関連記事

  1. 外形標準課税(その2)-付加価値割

  2. 新規設立海外子会社と云えども子会社の経費を親会社が負担すると危険…

  3. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?

  4. 建物附属設備に対する平成28年4月1日以後の資本的支出も定額法で…

  5. 減資による中小税制適用の否認リスクは?

  6. 法人税・消費税の申告期限は延長される・されない?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,673,080 アクセス
ページ上部へ戻る