閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
  2. 定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?
  3. 役員賞与の支給順序変更も事前確定給与として損金算入可能
  4. カタログの「総額表示」対応
  5. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきているそ…
  6. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意…
  7. D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認
  8. 経団連の会社法各種書類のひな形が改訂されました
  9. バーチャルオンリー型株主総会の特例等が国会へ
  10. 減資による中小税制適用の否認リスクは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

東京都外形標準課税税率の公布は7月になるようです

先週、”平成28年度の東京都外形標準適用法人の超過税率は2.14%になる見込み”というエントリで経営財務3217号で「超過税率は6月中に公布される見込み」と述べられていた件を取り上げましたが、本日付で兄弟誌である税務通信のメルマガで、6月29日時点の取材によれば「6月中の公布は予定されていない」とのことです。

これにより3月決算会社で前期末に平成28年4月1日以後に開始する事業年度に解消される一時差異に対する実効税率として32.34%を使用した会社も、法定実効税率の変更を第1四半期の決算に織り込む必要はなくなるようです。

公布日が決算日前となるのか決算日後になるのかを気にしなければならないのは疲れますが、公布日基準については6月19日に開催された第21回税効果会計専門委員会においては、「実務上一定の課題が識別され、多くの企業に影響を及ぼす論点」に位置づけられ、今後検討されていくこととされています。

公布日基準については、平成27年度税制改正に伴う東京都の条例公布日が決算日をまたいだことにより、超過税率の取扱いについて3月決算会社から疑問の声が出たこと等から、早期に検討すべき意見もあったとされています(経営財務3218号)。

ちなみにIFRSではIAS12号48項において以下のように定められています。

当期税金資産及び負債並びに繰延税金資産及び負債は、通常、法定税率(及び税法)を使用して計算される。しかし、法域によっては、政府が税率(及び税法)の公表をすればそれが実質的な制定(公表より数か月遅れることもある)と同じ効果を有する場合がある。そのような場合には、税金資産及び負債は当該公表税率(及び税法)を使用して算定される。

日本基準も上記のような感じで改定されるのではないかと推測されます。

日々成長。

関連記事

  1. 連結納税(その4)-導入のメリット(損金算入限度額が大きくなる可…

  2. 印紙税の非課税文書の範囲が拡大―平成25年度税制改正

  3. グループ法人税(その6)-寄付金

  4. 「平成23年12月改正 法人の減価償却制度の改正に関するQ&A」…

  5. 平成30年度税制改正を確認-法人税(その3)

  6. 預金の利息だけなら全額仕入控除できる?-消費税95%ルール見直し…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,867,377 アクセス
ページ上部へ戻る