閉じる
閉じる
閉じる
  1. ESG指標に連動するPSUの一部を損金算入した事例
  2. 国を跨ぐリモートワークの給与課税等取扱いの整理
  3. 株式の非上場化・非公開化をめぐる裁判ー株主の請求を棄却
  4. 会社未公表の情報がKAMに記載された早期適用事例は、ほとんどなしー「監…
  5. 在外子会社の使用権資産のBS表示科目
  6. GoToEatキャンペーンを企業が接待で使用した場合の判定基準は?
  7. 少額な電車代・バス代も「報酬・料金」に該当すれば源泉対象
  8. カフェテリアプランに財形メニューがあっても換金性あるとはいえず
  9. 監査基準の改訂「その他の記載内容」につき監査人の手続を明確化
  10. 株主総会で限度額が決議され、取締役会で一任決議あれば、代表取締役社長に…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2015年度新入社員の意識調査

労政時報3893号の特集に「2015年度新入社員の意識と行動」として主要3調査の結果が取り上げられていました。

ここで取り上げられている主要3調査とは以下の三つとなります。

  1. 新入社員「働くことの意識」調査(日本生産性本部、日本経済青年協議会)
  2. 新入社員 春の意識調査(日本生産性本部)
  3. 新入社員の会社生活調査(産業能率大学)

まず、「働くことの意識」調査では「人並み以上に働きたいと思いますか。それとも人並みで十分だと思いますか。」という質問に対して、「人並みで十分」との回答が53.5%で過去最高になったとのことです。もっとも14年度も約53%が「人並みで十分」と回答していることから大幅な傾向の変化ではありませんが、2010年には約49%であったことからすると、バリバリ働きたいという新入社員の割合が減少傾向にあると考えて間違いないようです。

このような傾向は春の意識調査でも表れていて、「残業は多いが、仕事を通じで自分のキャリア、専門能力が高められる職場を望む」と回答した割合は32.8%にとどまっています。また、「仕事を通じてかなえたい夢がある」という設問に「そう思う」と回答した割合が58.9%で、前年比変化幅が過去最大の7.1ポイント減となったとのことです。

さらに、「海外勤務のチャンスがあれば応じたい」とする回答は48.2%で、2011年の設問開始以来最低の数値となっています。海外に出て行かなければならないという危機感を持っている企業と内向きの新入社員のギャップはかなり大きいといえそうです。

しかしながら、一方で新入社員の会社生活調査によると、管理職志向の推移では、女性が25.6%が過去3番目の高さとなっているとのことです(2014年と2012年がそれぞれ28.8%、28.7%)。

最後に同調査では「上司からSNSで友達申請があったらどう思うか」という質問に対しては、「嫌だ」が16.1%、「どちらかと言えば嫌だ」が39.6%で全体の55.7%を占めていますので、上司の方は気をつけましょう。
特に女性に限ってみると、「嫌だ」が19.3%、「どちらかと言えば嫌だ」が43.1%でネガティブな回答が62.4%となっていますので注意が必要です。

日々成長

関連記事

  1. 定額残業代(その2)

  2. 兼業・副業時の残業代は誰が払う?

  3. 子の看護休暇と時季変更の可否

  4. 改正労働者派遣法と消費税増税は雇用にどのように作用するか?

  5. 業務手当の割増賃金該当性(固定残業代)が争われた事案

  6. 痴漢行為で略式命令を受けた社員を諭旨解雇にするも、弁明の機会を与…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,279,377 アクセス

ページ上部へ戻る