閉じる
閉じる
閉じる
  1. エフオーアイの粉飾決算をめぐる主幹事証券の責任ー最高裁で弁論が開催
  2. 近年の有報提出における添付漏れの傾向-経営財務誌調べ
  3. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  4. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  5. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  6. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  7. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  8. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  9. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  10. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

雇用保険法等の改正(平成28年)-その3

平成28年3月29日に成立した「改正雇用保険法」「改正育児・介護休業法」の残りの確認です。

8.介護を行う労働者の所定労働時間の制限

以前から育児を行う労働者では認められていた制度ですが、平成29年1月1日より介護を行う労働者については、労働者が請求した場合には所定労働時間を超える労働をさせることができなくなります。

なお、労使協定の締結により以下の労働者を適用除外とすることができるとされています。

  1. 当該事業主に引き続き雇用された期間が1年に満たない労働者
  2. 1週間の所定労働日数が2日以下の者

さらに所定労働時間の短縮措置についても改正が行われています。前述の通り、所定労働時間の短縮措置を受けた日数と介護休業93日の通算が行われなくなることに伴い、「介護のための所定労働時間の短縮等の措置」については、措置期間が「連続する九十三日」から「連続する三年」に延長されています。

9.介護休業給付金の支給率の変更等

介護休業中の所得保障を手厚くし介護離職を減少させることを目的として、平成28年8月1日より介護休業に対する給付金の支給率が引き上げられます。

給付額は休業開始時賃金日額×支給日数×支給率で計算されますが、現在の支給率が40%であるのに対して改正後は67%となります。

さらに「休業開始時賃金日額」について、現行法では30歳以上45歳未満の賃金日額の上限(14,210円)が適用されていますが、平成28年8月1日以降は45歳以上60歳未満の上限額(15,620円)が適用されるようになります。

もっとも、賃金日額の上限額は毎年8月1日に改定されてますので、実際に適用される金額は上記とは異なる可能性があります。

以上のように介護休業の給付は改善されていますが、給付額の改善は介護保険料の上昇として労働者に当然跳ね返ってくるのではないかと想像されます。

10.マタハラ防止等の雇用管理上の措置

今回の改正により「職場における育児休業等に関する言動に起因する問題に関する雇用管理上の措置」が新設されました。

分かりやすくするとマタハラ(マタニティ・ハラスメント)の防止策で、事業主に雇用管理上の措置が義務づけられました。

条文上は「当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置」を講ずるとされていますが、具体的な内容については今後指針で定められるようです。

11.派遣先事業主の措置義務

男女雇用機会均等法および労働者派遣法が一部改正され、派遣先事業主も派遣労働者を雇用する事業主とみなされ一定の措置を講じることが義務となりました。

具体的には上記のマタハラ防止策について、派遣先事業主は派遣労働者についても事業主として雇用管理上必要な措置を講じる必要があるとされています。

また、派遣先事業主は派遣労働者についても事業主として、育児・介護休業法に規定されている不利益な取扱いの禁止(育児休業の申出・取得、介護休業の申出・取得など)が適用されることとなりました。

これらの改正も平成29年1月1日より施行されます。

以上様々な改正が行われていますので、規程の改定、労使協定の締結、業務フローの見直しなど、施行日を勘案して対応していくことが必要となります。

日々成長

関連記事

  1. 2019年4月1日施行の働き方改革法を確認(その2)

  2. 解雇を巡る争いで支払われた和解金の税務上の取り扱い

  3. 平成27年度雇用保険料率は前年据え置きに

  4. 残業80時間超の情報、産業医に提供してますか?

  5. 定時決定における保険者算定基準の追加

  6. 株主総会の開催延期は可能(経済産業省見解)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,395,811 アクセス

ページ上部へ戻る