閉じる
閉じる
閉じる
  1. 記帳代行受任も当座勘定照合表の確認義務はなし-東京地裁
  2. 上場基準の情報漏洩で野村証券に改善命令が出されるそうです
  3. LIBOR公表停止になっても、ヘッジ会計は継続可能?
  4. 最近の会計監査人の異動の状況を確認
  5. スキャナ保存の入力期限等を緩和する方向で電子帳簿保存法が改正へ
  6. 平成31年度税制改正を確認(その3)-法人税
  7. 2019年3月期上場会社株主総会の集中日は6月27日
  8. 取締役の報酬・解任を巡るトラブル
  9. 平成31年度税制改正を確認(その2)-法人税
  10. 軽減税率対応のPOSレジでも誤った処理の可能性?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

どんなときもwifi

東京都-平成29年4月以降の事業税超過税率は3.78%になるようです

東京都主税局は2016年5月25日に「平成28年度税制改正に伴う法人事業税・法人都民税の税率の改正について」を公表し、平成29年4月1日以後に開始する事業年度に適用する法人事業税および法人都民税の税率を明らかにしました。

なお、「平成28年第二回定例会以後の東京都議会に、東京都都税条例の改正として提案する予定」とのことなので、最終的には東京都議会で決定されることとなります。

改正が予定されている現行税率との対比は以下のとおりとなります。
kaiseiyotei1

結果的に、改正前の標準税率0.7%と超過税率0.88%の差である0.18%を、改正後の標準税率3.6%に0.18%を加算した率となったなったようです。

一方で住民税の超過税率は23区内の場合10.4%となっています。

したがって、上記の通り確定すると、平成29年4月1日以降の法定実効税率は以下のとおりとなります。

jikkouzeiritu2

関連記事

  1. 横領による重加算が交際費等に次ぐ多さになっているそうです

  2. 従業員不正による損害賠償金の計上時期

  3. 会社の清算手続(その1)-総論

  4. 平成27年税制改正で予定される受取配当金の益金不算入額

  5. グループ法人税と税効果(寄附金)

  6. 四半期の税金費用で通期損失の場合に使用する実効税率とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,999,206 アクセス
ページ上部へ戻る