閉じる
閉じる
閉じる
  1. ESG指標に連動するPSUの一部を損金算入した事例
  2. 国を跨ぐリモートワークの給与課税等取扱いの整理
  3. 株式の非上場化・非公開化をめぐる裁判ー株主の請求を棄却
  4. 会社未公表の情報がKAMに記載された早期適用事例は、ほとんどなしー「監…
  5. 在外子会社の使用権資産のBS表示科目
  6. GoToEatキャンペーンを企業が接待で使用した場合の判定基準は?
  7. 少額な電車代・バス代も「報酬・料金」に該当すれば源泉対象
  8. カフェテリアプランに財形メニューがあっても換金性あるとはいえず
  9. 監査基準の改訂「その他の記載内容」につき監査人の手続を明確化
  10. 株主総会で限度額が決議され、取締役会で一任決議あれば、代表取締役社長に…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

東京都-平成29年4月以降の事業税超過税率は3.78%になるようです

東京都主税局は2016年5月25日に「平成28年度税制改正に伴う法人事業税・法人都民税の税率の改正について」を公表し、平成29年4月1日以後に開始する事業年度に適用する法人事業税および法人都民税の税率を明らかにしました。

なお、「平成28年第二回定例会以後の東京都議会に、東京都都税条例の改正として提案する予定」とのことなので、最終的には東京都議会で決定されることとなります。

改正が予定されている現行税率との対比は以下のとおりとなります。
kaiseiyotei1

結果的に、改正前の標準税率0.7%と超過税率0.88%の差である0.18%を、改正後の標準税率3.6%に0.18%を加算した率となったなったようです。

一方で住民税の超過税率は23区内の場合10.4%となっています。

したがって、上記の通り確定すると、平成29年4月1日以降の法定実効税率は以下のとおりとなります。

jikkouzeiritu2

関連記事

  1. 事業所得の損失と給与所得は損益通算できる?

  2. 償却資産税(その1)

  3. 平成28年度税制改正による国税通則法の改正内容

  4. 節税保険対応の通達改正案が公表

  5. マイナンバー対応のシステム改修費用の取扱い

  6. 預金の利息だけなら全額仕入控除できる?-消費税95%ルール見直し…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,279,377 アクセス

ページ上部へ戻る