閉じる
閉じる
閉じる
  1. 在宅勤務にみなし労働時間制を適用できるか
  2. 2021年4月1日から総額表示への切替えはそれほど厳格に求められないら…
  3. 2020年のIPOは13年ぶりの高水準
  4. 国税庁から在宅勤務にかかる費用負担等に関すFAQが公表されました
  5. 棚卸立会もリモートで実施可能?
  6. 令和2年分の給与支払報告書は前倒しで提出したほうがよいらしい
  7. 改正会社法施行日前に取締役の報酬等の決定方針を決議する必要があるそうで…
  8. 市場区分の見直しに向けた上場制度整備-第二次改正事項が公表
  9. 2020年IPOは93社-監査法人別の社数の傾向に変動あり
  10. テレワーク勤務解除に労働契約上の根拠は必要か
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

東京都-平成29年4月以降の事業税超過税率は3.78%になるようです

東京都主税局は2016年5月25日に「平成28年度税制改正に伴う法人事業税・法人都民税の税率の改正について」を公表し、平成29年4月1日以後に開始する事業年度に適用する法人事業税および法人都民税の税率を明らかにしました。

なお、「平成28年第二回定例会以後の東京都議会に、東京都都税条例の改正として提案する予定」とのことなので、最終的には東京都議会で決定されることとなります。

改正が予定されている現行税率との対比は以下のとおりとなります。
kaiseiyotei1

結果的に、改正前の標準税率0.7%と超過税率0.88%の差である0.18%を、改正後の標準税率3.6%に0.18%を加算した率となったなったようです。

一方で住民税の超過税率は23区内の場合10.4%となっています。

したがって、上記の通り確定すると、平成29年4月1日以降の法定実効税率は以下のとおりとなります。

jikkouzeiritu2

関連記事

  1. 割引債-発行日から償還日までの期間によって天地の差(平成25年税…

  2. グループ通算制度導入に伴う税効果会計はどうなる?

  3. 自己株式取得の税務

  4. 令和2年改正で過大配当利用の節税封じ

  5. 連結納税(その5)-連結納税のデメリットは?

  6. 協賛金は消費税の課税対象?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,567,001 アクセス

ページ上部へ戻る