閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  2. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
  3. 定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?
  4. 役員賞与の支給順序変更も事前確定給与として損金算入可能
  5. カタログの「総額表示」対応
  6. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきているそ…
  7. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意…
  8. D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認
  9. 経団連の会社法各種書類のひな形が改訂されました
  10. バーチャルオンリー型株主総会の特例等が国会へ
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

東京都-平成29年4月以降の事業税超過税率は3.78%になるようです

東京都主税局は2016年5月25日に「平成28年度税制改正に伴う法人事業税・法人都民税の税率の改正について」を公表し、平成29年4月1日以後に開始する事業年度に適用する法人事業税および法人都民税の税率を明らかにしました。

なお、「平成28年第二回定例会以後の東京都議会に、東京都都税条例の改正として提案する予定」とのことなので、最終的には東京都議会で決定されることとなります。

改正が予定されている現行税率との対比は以下のとおりとなります。
kaiseiyotei1

結果的に、改正前の標準税率0.7%と超過税率0.88%の差である0.18%を、改正後の標準税率3.6%に0.18%を加算した率となったなったようです。

一方で住民税の超過税率は23区内の場合10.4%となっています。

したがって、上記の通り確定すると、平成29年4月1日以降の法定実効税率は以下のとおりとなります。

jikkouzeiritu2

関連記事

  1. 「適用額明細書」って何?-平成23年4月1日以後終了事業年度から…

  2. 海外勤務から帰国した従業員に対する給与の源泉徴収

  3. 償却資産税(その2)

  4. 外形標準課税(その4)-付加価値割(報酬給与額)

  5. 帳簿の提示を拒み続け約29億円を納付

  6. 馬券払戻金の課税者訴訟で納税者勝訴-5年で72億円購入って・・・…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,870,279 アクセス
ページ上部へ戻る