閉じる
閉じる
閉じる
  1. 18監査事務所が会計士資格を誤表記で有報訂正が必要らしい
  2. 内部統制新基準が2025年3月期より適用に(公開草案)
  3. デューデリジェンス(DD)費用の税務上の取り扱い
  4. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  5. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  6. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  7. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  8. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  9. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  10. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

月額方式の役員報酬の余りを翌月以降に繰り越して支払うことは可能か?

会社法上、役員報酬については定款に定めがない場合は、株主総会の決議によって定めることとされていますが(会社法361条)、実務上、役員報酬限度額の定め方には月額方式と年額方式(または事業年度方式)が存在します。

感覚的には年額方式が多いと思いますが、月額方式(例えば「月額500万円以内」)を採用している場合に、当月に余った部分がある場合に、翌月以降に支払うことができるかが問題となります。税務上、定期同額という問題があるので、毎月変動させるようなことはないと思いますが、役員賞与を支給する場合に、会社法上、月額限度額までの残余を使うことが可能かが問題となります。

例えば、株主総会決議によって役員報酬の限度額が月額500万円と定められた場合、これには以下の二つの考え方があるとされています(「会社法による役員報酬・賞与・慰労金の実務Q&A 小林公明 著)。
①月500万円を超える額を支給してはならないという趣旨
②1年に月額500万円以内の金額を12か月分支払うことができるという趣旨

①の考え方に立てば、月額500万円以上の金額を支給することは不可能なので、当月の限度額の残余を翌月以降に支払うことはできないということになります。

一方で、②の考え方に立てば、年間で6000万円(500万円×12か月)以内であれば、支払が可能ということになりますので、当月の残余を繰り越して支払うことが可能ということになります。

上記のように二通りの考え方があるものの、結論としては①の考え方に立つのが無難で、報酬限度額が月額で定められている場合には、残余を繰り越して支払うとうことはできないと解すべきとされています(同上)。

理由は、報酬限度額が月額で定められている趣旨が明確になっていない場合に、上記②のように解釈することは、より融通の利く年額方式で限度額が定められていることと同様に解することとなってしまい、決議の趣旨に合致していない可能性があるためとされています。

「取締役の報酬額を月500万円以内とする。ただし、月の支給額がこれに満たないときはその残額を他の月に加算して支給することができる。」というような決議であれば、限度額に残余がある場合に繰越が可能となるとされていますが、このような決議をするくらいであれば、年額で報酬限度額を決議してもらった方が自然です。

年額で限度額が決議されていることが多いという実務から考えても、月額方式で定められた限度額を年換算して捉えるというのは難しいと考えられます。

関連記事

  1. 亡くなった役員に支給される弔慰金は役員報酬に含まれるか

  2. 事業年度をまたいで事前届出金額と異なる金額で役員報酬を支給した場…

  3. 数カ月間の役員報酬減額、戻した後の損金算入はどうなる?

  4. ESG指標に連動するPSUの一部を損金算入した事例

  5. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし

  6. 法人税法上の役員報酬の取扱い(その3)-定期同額給与




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,878,433 アクセス
ページ上部へ戻る