閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  2. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  3. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  4. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  5. 四半期開示は結局どうなる?
  6. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  7. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  8. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  9. 任意の会計監査人
  10. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

定性情報すべて省略が7%(四半期決算短信)

経営財務3324号のニュースに、宝印刷が8月17日に公表した「四半期決算短信に関する開示傾向調査」の結果が取り上げられていました。

当該調査対象会社は、日経225(8月1日の銘柄入替前)またはJPX400(8月7日の銘柄入替前)の構成銘柄のうち、今年5月26日~8月14日までに四半期決算短信を公表した445社の四半期決算短信とされています。

当該調査によれば、定性情報をすべて省略した会社が7%(31社)あったとのことです。日経225(8月1日の銘柄入替前)またはJPX400(8月7日の銘柄入替前)の構成銘柄なので、意外に多いというのが率直な感想ですが、まるで開示されていないというよりは、決算説明会等の説明資料で同等の内容が示されているというケースが多いのではないかと思われます。

サマリー情報参考様式の経営成績項目を一部追加または削除して開示した会社は、445社中10.6%相当の47社で、IFRS採用会社が、調整後営業利益、事業利益、コア営業利益、EBITAなどを開示しているケースが多かったとされています。

また、サマリー情報参考様式のうち財政状態を変更した会社(同時に経営成績を変更した会社を含む)は調査対象の26.7%(119社)であり、変更したほとんどの会社が1株当たり純資産を追加していたとのことです。

業績予想については、連結業績予想を省略した会社は14社(3.1%)のみだったとのこtですが、一方で第2四半期の業績予想を省略した会社は、431社中109社(25.3%)となっているとのことです。

差が生じれば適時に開示すればよいだけというものの、開示された業績予想が意思決定の足枷になるという側面も否定できませんので、第2四半期の業績予想省略は検討する価値があるのではないかと個人的には思います。

関連記事

  1. 企業内容等開示府令の改正を確認(その2)

  2. 東証-総会3週間前より前に招集通知等を電磁的方法により提供する努…

  3. 18年有価証券報告書から適用される開示内容の改正点

  4. 有報等に「監査法人の継続監査機関」等の記載が必要になるようです。…

  5. 東芝、定時株主総会もついに幕張メッセで開催予定に

  6. 第2四半期報告書作成の留意事項




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,909,354 アクセス
ページ上部へ戻る