閉じる
閉じる
閉じる
  1. 領収書「但し書き」が空欄に「追記」はさすがにアウト
  2. 富裕層に対する追徴税額が過去最高になったそうです
  3. 即時充当によるキャッシュレスに係る消費税の仕入税額控除の処理
  4. 帳簿の提示を拒み続け約29億円を納付
  5. 有価証券報告書の訂正報告書提出が増加傾向?
  6. デロイトトーマツコンサルティングで異常な退職引き留め?
  7. 海外住宅投資の節税認めず-富裕層課税強化へ
  8. サイト中傷記事削除費用は家事関連費?
  9. 監査時間も報酬も増加傾向-2018年度「監査実施状況調査」
  10. 令和元年会計士試験の合格率は10.7%-女性合格者の割合は増加傾向?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

定性情報すべて省略が7%(四半期決算短信)

経営財務3324号のニュースに、宝印刷が8月17日に公表した「四半期決算短信に関する開示傾向調査」の結果が取り上げられていました。

当該調査対象会社は、日経225(8月1日の銘柄入替前)またはJPX400(8月7日の銘柄入替前)の構成銘柄のうち、今年5月26日~8月14日までに四半期決算短信を公表した445社の四半期決算短信とされています。

当該調査によれば、定性情報をすべて省略した会社が7%(31社)あったとのことです。日経225(8月1日の銘柄入替前)またはJPX400(8月7日の銘柄入替前)の構成銘柄なので、意外に多いというのが率直な感想ですが、まるで開示されていないというよりは、決算説明会等の説明資料で同等の内容が示されているというケースが多いのではないかと思われます。

サマリー情報参考様式の経営成績項目を一部追加または削除して開示した会社は、445社中10.6%相当の47社で、IFRS採用会社が、調整後営業利益、事業利益、コア営業利益、EBITAなどを開示しているケースが多かったとされています。

また、サマリー情報参考様式のうち財政状態を変更した会社(同時に経営成績を変更した会社を含む)は調査対象の26.7%(119社)であり、変更したほとんどの会社が1株当たり純資産を追加していたとのことです。

業績予想については、連結業績予想を省略した会社は14社(3.1%)のみだったとのこtですが、一方で第2四半期の業績予想を省略した会社は、431社中109社(25.3%)となっているとのことです。

差が生じれば適時に開示すればよいだけというものの、開示された業績予想が意思決定の足枷になるという側面も否定できませんので、第2四半期の業績予想省略は検討する価値があるのではないかと個人的には思います。

関連記事

  1. 過去10年で監査人を複数回交代した会社は148社-3年で交代が最…

  2. ソニーがサイバー攻撃を原因として第3四半期報告書提出期限を延長

  3. 内部通報からの調査でゴーン氏逮捕-5年にわたり年10億円程度を過…

  4. 粉飾決算の事後処理にかかる費用はいくらくらい?

  5. 18年3月期改正税効果を早期適用した会社の注記はどんな感じ?

  6. 「預り金。ただし株主、役員又は従業員からの預り金を除く」とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,973,479 アクセス
ページ上部へ戻る