閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

トーマツの「トーマツイノベーション&デリバリーセンター」が開所って何するところ?

経営財務3338号のニュースで有限責任監査法人トーマツが監査業務集中化拠点として幕張新都心に「トーマツイノベーション&デリバリーセンター」を開所したという記事が掲載されていました。

このセンターは、「監査業務上の基礎的な入力やチェックといった事務作業を行う拠点」となるそうで、「例えば、有価証券報告書と会社の内部資料等との照合、証憑書類の確認など、従来会計士が行ってきた作業を集約し、会計士がより高度な監査業務を実践できるような体制にする。作業のデジタル化、ペーパレス化も進めていく」とされています。

少し前にあずさ監査法人が、職員の長時間労働を是正するとして新たな業務の受託を1年間停止すると公表したのは記憶に新しいところですが、トーマツの取組も働き方改革の一環とされています。

上記の拠点では、会計士などの資格を持たない近隣の住民を採用し、センターに常駐している会計士から指導確認を受けながら仕事を進めるとのことです。

随分前から監査の現場にも非資格保有者を連れてきて証憑突合なんかをさせていることは比較的多く行われていたことだと思われますが、これをもっと効率的に行おうということのようです。

会計士でなくてもできることを非資格保有者に行わせることで会計士の業務時間が削減されて監査報酬が安くなるならそれもよいかなという反面、質がきちんと担保されるのだろうかという点はやはり気になります。

また、証憑書類の確認なども行うとされていますが、作業のデジタル化、ペーパレス化もすすめるとされているので基本的には電子的なデータでの確認ですむようになるのかもしれません。

そうなると、上場会社でも電子帳簿保存方におけるスキャナ保存を行い易くなるのではないかと思われます。

経営財務の記事には同センターの様子と思われる写真が掲載されており、「センター内ではパソコンとタブレットを使ってチェックする。データを持ち出せないよう情報漏洩対策も施す」と記載されています。

単なるイメージ図なのかもしれませんが、結構近くで複数の作業者が作業している割にパソコンの画面に覗き見防止のフィルターが張っていないように見えるのは、気になりました。

最後に、この仕事、たぶん面白くはないですよね・・・

関連記事

  1. 2021年3月期よりKAM導入で監査基準改訂

  2. 監査法人に対する勧告の公表差し止め請求認めず-東京高裁

  3. 金商法監査-売上高区分1兆円以上の最低監査報酬は12,180千円…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,798,924 アクセス
ページ上部へ戻る