閉じる
閉じる
閉じる
  1. のれん償却を再導入せず:IASB予備的見解
  2. 顧問契約解除で報酬を請求し税理士が勝訴した事例
  3. クラウドサービス初年度利用料が高く設定されている場合の税務上の取扱いは…
  4. 有給休暇5日はいつまでに取得しなければならない?
  5. 個人の青色申告特別控除が55万円に引き下げー65万円の控除を維持するに…
  6. 消費税増税施行日をまたぐ適用税率ー間違いやすい3つのポイントとは?
  7. 開示規制違反に関する課徴金納付命令は過去5年で最多
  8. 連結納税制度がグループ通算制度へーシンプルな制度に期待
  9. 「中小企業金融円滑化法」(モラトリアム法)が19年3月で実質終了ーその…
  10. 監査法人の継続監査期間開示、早期適用は83社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

有報等に「監査法人の継続監査機関」等の記載が必要になるようです。

2018年11月2日に金融庁から「企業内容等の開示に関する内閣府令」(案)が公表されました。有価証券報告書の記載事項が拡充される方向となっており、意見募集は12月3日までとなっています。

改正が予定されているのは主に有報の【コーポレート・ガバナンスの状況等】の部分ですが、金融庁のサイトには主な内容として以下の項目が掲げられています。

財務情報及び記述情報の充実
  • 経営方針・経営戦略等について、市場の状況、競争優位性、主要製品・サービス、顧客基盤等に関する経営者の認識の説明を含めた記載を求めることとします。
  • 事業等のリスクについて、顕在化する可能性の程度や時期、リスクの事業へ与える影響の内容、リスクへの対応策の説明を求めることとします。
  • 会計上の見積りや見積りに用いた仮定について、不確実性の内容やその変動により経営成績に生じる影響等に関する経営者の認識の記載を求めることとします。
  • 建設的な対話の促進に向けた情報の提供
  • 役員の報酬について、報酬プログラムの説明(業績連動報酬に関する情報や役職ごとの方針等)、プログラムに基づく報酬実績等の記載を求めることとします。
  • 政策保有株式について、保有の合理性の検証方法等について開示を求めるとともに、個別開示の対象となる銘柄数を現状の30銘柄から60銘柄に拡大します。
  • 情報の信頼性・適時性の確保に向けた取組
  • 監査役会等の活動状況、監査法人による継続監査期間、ネットワークファームに対する監査報酬等の開示を求めることとします。
  • 「財務情報及び記述情報の充実」が一番対応が大変そうですが、「役員の報酬について、報酬プログラムの説明」も中小の上場会社では記載で頭を悩ますこともありそうです。

    「監査法人による継続監査期間」は記載するだけでありますが、継続期間が長い場合にどのような影響がでてくるのかは興味があるところです。

    政策保有株式については30銘柄から倍の60銘柄に増加するとされており、これは記載するだけですが、「保有の合理性の検証方法等について開示を求める」という部分は、政策保有株式を多数保有している会社がどのような記載をするのか気になります。

    改正後の規定は公布の日から施行するとされており、「財務情報及び記述情報の充実」については2019年3月31日以後終了事業年度の有価証券報告書から、その他は2020年3月31日以後終了事業年度の有価証券報告書から適用開始とされています(早期適用可)。

    関連記事

    1. 2018年度不適切な適時開示件数は例年並み

    2. 決算短信における業績予想開示の傾向

    3. サマリー情報のみ先行開示した初の事例はLINE

    4. 粉飾決算の事後処理にかかる費用はいくらくらい?

    5. 気がつけば監査法人が変わっていたタマホーム

    6. 鳥貴族28年ぶりの値上げ-株式市場は値上げを好感

    コメント

      • AY
      • 2018年 11月 27日

      「監査法人による継続監査期間」は、2017年12月期より米国では監査基準に監査報告書に記載することになり、英国では、すでにコーポレートガバナンス規定に監査委員会報告に記載することになっている。双方ともに年次報告書を見ると記載されている。日本で年次報告書を作ると記載する場所がないことになる。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    カテゴリー



    ブログ統計情報

    • 8,567,514 アクセス
    ページ上部へ戻る