閉じる
閉じる
閉じる
  1. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  2. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  3. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  4. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  5. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  6. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  7. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  8. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  9. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  10. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

有報等に「監査法人の継続監査機関」等の記載が必要になるようです。

2018年11月2日に金融庁から「企業内容等の開示に関する内閣府令」(案)が公表されました。有価証券報告書の記載事項が拡充される方向となっており、意見募集は12月3日までとなっています。

改正が予定されているのは主に有報の【コーポレート・ガバナンスの状況等】の部分ですが、金融庁のサイトには主な内容として以下の項目が掲げられています。

財務情報及び記述情報の充実
  • 経営方針・経営戦略等について、市場の状況、競争優位性、主要製品・サービス、顧客基盤等に関する経営者の認識の説明を含めた記載を求めることとします。
  • 事業等のリスクについて、顕在化する可能性の程度や時期、リスクの事業へ与える影響の内容、リスクへの対応策の説明を求めることとします。
  • 会計上の見積りや見積りに用いた仮定について、不確実性の内容やその変動により経営成績に生じる影響等に関する経営者の認識の記載を求めることとします。
  • 建設的な対話の促進に向けた情報の提供
  • 役員の報酬について、報酬プログラムの説明(業績連動報酬に関する情報や役職ごとの方針等)、プログラムに基づく報酬実績等の記載を求めることとします。
  • 政策保有株式について、保有の合理性の検証方法等について開示を求めるとともに、個別開示の対象となる銘柄数を現状の30銘柄から60銘柄に拡大します。
  • 情報の信頼性・適時性の確保に向けた取組
  • 監査役会等の活動状況、監査法人による継続監査期間、ネットワークファームに対する監査報酬等の開示を求めることとします。
  • 「財務情報及び記述情報の充実」が一番対応が大変そうですが、「役員の報酬について、報酬プログラムの説明」も中小の上場会社では記載で頭を悩ますこともありそうです。

    「監査法人による継続監査期間」は記載するだけでありますが、継続期間が長い場合にどのような影響がでてくるのかは興味があるところです。

    政策保有株式については30銘柄から倍の60銘柄に増加するとされており、これは記載するだけですが、「保有の合理性の検証方法等について開示を求める」という部分は、政策保有株式を多数保有している会社がどのような記載をするのか気になります。

    改正後の規定は公布の日から施行するとされており、「財務情報及び記述情報の充実」については2019年3月31日以後終了事業年度の有価証券報告書から、その他は2020年3月31日以後終了事業年度の有価証券報告書から適用開始とされています(早期適用可)。

    関連記事

    1. 総会決議で付与決議が否決されたストック・オプションはどんなもの?…

    2. マクドナルドが11年ぶりに赤字予想に!-消費期限切れ肉使用問題が…

    3. 平成26年3月期からの単体開示簡素化に向けて財規の改正案が公表さ…

    4. 適時開示ガイドブック改正後の「公認会計士等の異動に関するお知らせ…

    5. 東芝、定時株主総会もついに幕張メッセで開催予定に

    6. 2019年12月期決算会社-新型コロナ関連の後発事象記載が11社…

    カテゴリー

    最近の記事

    ブログ統計情報

    • 10,386,461 アクセス

    ページ上部へ戻る