閉じる
閉じる
閉じる
  1. 名義変更保険の節税が不可能になるようです
  2. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
  3. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  4. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
  5. 定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?
  6. 役員賞与の支給順序変更も事前確定給与として損金算入可能
  7. カタログの「総額表示」対応
  8. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきているそ…
  9. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意…
  10. D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

株主総会資料の電子提供は総会開催日の3週間前からとなる見込み

T&A master No.765に「株主総会資料の電子提供、株主総会の3週間前の日から」という記事が掲載されていました。

この記事によると、法制審議会会社法制(企業統治等関係)部会において、株主総会資料の電子提供制度の概要が固まったとのことです。

「株式会社は取締役が株主総会を招集するときは、株主総会参考書類、議決権行使書面、計算書類及び事業報告、連結計算書類の交付又は提供に代えて、株主がインターネットにより提供を受けることができる旨を定めることができるようにする」とされ、振替株式(社債、株式等の振替に関する法律第128条1項に規定する振替株式)を発行している株式会社は、改正会社法の施行日を効力発生日とする定款変更の定めを設ける定款変更の決議をしたものとみなされるとされています。

中間試案で述べられていた内容から特に変更はないようですが、「電子提供措置をとる旨の定款の定めがあるときは、その定めを登記しなければならない」とのことです。定款変更については決議があったものとみなされるので、特に手続きは不要なようですが、登記については変更登記が必要になるということだと考えられます。

また、「株主がインターネットにより提供を受けることができる旨を定めることができる」と任意規定のようですが、振替株式の発行会社では定款変更決議があったものとみなされるので、実質的には義務という位置づけになるものと考えられます。

電子提供の開始日については、中間試案では「株主総会の日の4週間前の日又は株主総会の招集の通知を発した日のいずれか早い日」と「株主総会の日の3週間前の日又は株主総会の招集の通知を発した日のいずれか早い日」の2案が示されていましたが、電子提供対象書類の中には会計監査が必要なものがあるため4週間前だと対応不可となるという意見があったため総会の日の3週間前の日となったとのことです。

このほか「定時株主総会に係る事項が記載された有価証券報告書の提出の手続きについてEDINETを使用して行う場合には、当該事項について電子提供措置をとることを要しないものとする特例」が設けられるとのことですが、総会前に有価証券報告書を提出する場合に利用可能ということになると考えられますので、実際に利用されるケースは少ないのではないかと思われます。

次に、中間試案では株主総会の招集通知の発送期限についても、総会開催日の2週間前、3週間前、4週間前の3案が示されていましたが、招集通知の発送期限については現行どおり総会開催日の2週間前とされているとのことです。

最後に、インターネットを利用することができない株主に対しては、書面交付請求権が認められ、請求を受けた場合には、会社は総会開催日の2週間前までに電子提供措置事項を記載した書面を交付しなければならないとのことです。

「ただし、書面交付請求をした株主がいる場合において、その書面交付請求の日から1年を経過したときは、株式会社は当該株主に対し書面交付を終了する旨を通知、かつ、これに異議のある場合には、一定期間内に異議を述べる旨を催告することができる」とされるとのことです。都度請求が必要なのかと思っていましたが、この書きぶりからすると、一度書面請求したら、会社は上記の手続きを取らない限り紙ベースでの提供が必要となるということなのではないかと考えられます。

インターネットを利用することができない高齢者等がいることを想定して書面交付請求が認められることになるようですが、単に紙ベースで欲しいという株主もいるはずななので、書面請求がゼロになることはないと思いますが、印刷部数や発送費用は削減できそうです。

関連記事

  1. 取締役報酬等の決定方針として決定しなければならない事項(改正会社…

  2. 取締役会議事録の押印は実印でなければならない?

  3. 会計限定の監査役登記の登録免許税は1万円に落ち着くようです

  4. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴

  5. 自社株対価M&Aの課税繰延は今後の検討課題に

  6. 改正会社法(その3)-監査等委員会設置会社詳細(その2)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,891,162 アクセス
ページ上部へ戻る