閉じる
閉じる
閉じる
  1. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  2. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  3. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  4. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  5. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  6. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  7. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  8. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  9. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  10. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Word文書をPDF化するなら「Microsoft Print to PDF」が最も綺麗?

Word文書をPDF化する際に、自分のPCにはアドビのAcrobatがインストールされているので、特に考えもせず、Wordの「ACROBAT」タブの「PDFを作成」でPDFファイルを作成していました。

ただ、ASBJの会員ロゴ(TIFファイル)を挿入したWord文書を上記でPDF化すると、Word文書上では綺麗に挿入できている画像端に線が入るような感じになるのが気になっていました。

何故だろうと思いつつも、本質的な部分には関係しないので放置していましたが、手が空いた際に、色々試してみたところ、Wordの「ACROBAT」タブの「PDFを作成」でPDFファイルを作成した場合と、ファイル→印刷でプリンター「Adobe PDF」でPDFファイルを作成した場合でできあがるものは同じではないということにまず気づきました。

私が実験した感じでは、キャプチャ時のサイズが必ずしも等しくなく、厳密な比較ではありませんが、ファイル→印刷でプリンター「Adobe PDF」でPDFファイルを作成した方が綺麗な結果が得られました。

そして、今まで使ったことがありませんでしたが、ファイル→印刷の中に「Microsoft Print to PDF」というものがあったので、こちらも試してみたところ以下の様な表示となしました。

印刷メニューからPDF印刷する二つは、それほど違いはないようですが、若干「Microsoft Print to PDF」の方が端の線が目立たないように見えます。Word文書をPDF化するなら、「Microsoft Print to PDF」が最適な結果が得られるというのはありそうなことではありますが、長らくAcrobatを使い続けていて、そもそも「Microsoft Print to PDF」という選択肢が頭になかったので、今後はこちらを使用しようと思います。

関連記事

  1. Sugarsyncの「ウェブアーカイブ」はどこに・・・

  2. Excelの使い方を改めて確認してみた(その4)

  3. 人気ブロガーの記録術―すべてを記録する方法とは?

  4. 「はてなブックマーク」とは?

  5. 「日産 驚異の会議-改革の10年が生み落したノウハウ」を読んで

  6. マウスの水平スクロール

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,385,862 アクセス

ページ上部へ戻る