閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  2. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  3. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  4. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  5. 四半期開示は結局どうなる?
  6. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  7. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  8. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  9. 任意の会計監査人
  10. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Word文書をPDF化するなら「Microsoft Print to PDF」が最も綺麗?

Word文書をPDF化する際に、自分のPCにはアドビのAcrobatがインストールされているので、特に考えもせず、Wordの「ACROBAT」タブの「PDFを作成」でPDFファイルを作成していました。

ただ、ASBJの会員ロゴ(TIFファイル)を挿入したWord文書を上記でPDF化すると、Word文書上では綺麗に挿入できている画像端に線が入るような感じになるのが気になっていました。

何故だろうと思いつつも、本質的な部分には関係しないので放置していましたが、手が空いた際に、色々試してみたところ、Wordの「ACROBAT」タブの「PDFを作成」でPDFファイルを作成した場合と、ファイル→印刷でプリンター「Adobe PDF」でPDFファイルを作成した場合でできあがるものは同じではないということにまず気づきました。

私が実験した感じでは、キャプチャ時のサイズが必ずしも等しくなく、厳密な比較ではありませんが、ファイル→印刷でプリンター「Adobe PDF」でPDFファイルを作成した方が綺麗な結果が得られました。

そして、今まで使ったことがありませんでしたが、ファイル→印刷の中に「Microsoft Print to PDF」というものがあったので、こちらも試してみたところ以下の様な表示となしました。

印刷メニューからPDF印刷する二つは、それほど違いはないようですが、若干「Microsoft Print to PDF」の方が端の線が目立たないように見えます。Word文書をPDF化するなら、「Microsoft Print to PDF」が最適な結果が得られるというのはありそうなことではありますが、長らくAcrobatを使い続けていて、そもそも「Microsoft Print to PDF」という選択肢が頭になかったので、今後はこちらを使用しようと思います。

関連記事

  1. 格安(年間1000円程度)で独自ドメインのメールアドレスを取得す…

  2. PCデータのバックアップ-PARAGON Hard Disk M…

  3. オーディオブックーFebe

  4. Excelの使い方を改めて確認してみた(その2)

  5. グローバルデータでレンタルしたデータ通信機器-in 台湾

  6. 書籍のPDF化-Scansnap S1500+PK513L




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,909,673 アクセス
ページ上部へ戻る