閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Word文書をPDF化するなら「Microsoft Print to PDF」が最も綺麗?

Word文書をPDF化する際に、自分のPCにはアドビのAcrobatがインストールされているので、特に考えもせず、Wordの「ACROBAT」タブの「PDFを作成」でPDFファイルを作成していました。

ただ、ASBJの会員ロゴ(TIFファイル)を挿入したWord文書を上記でPDF化すると、Word文書上では綺麗に挿入できている画像端に線が入るような感じになるのが気になっていました。

何故だろうと思いつつも、本質的な部分には関係しないので放置していましたが、手が空いた際に、色々試してみたところ、Wordの「ACROBAT」タブの「PDFを作成」でPDFファイルを作成した場合と、ファイル→印刷でプリンター「Adobe PDF」でPDFファイルを作成した場合でできあがるものは同じではないということにまず気づきました。

私が実験した感じでは、キャプチャ時のサイズが必ずしも等しくなく、厳密な比較ではありませんが、ファイル→印刷でプリンター「Adobe PDF」でPDFファイルを作成した方が綺麗な結果が得られました。

そして、今まで使ったことがありませんでしたが、ファイル→印刷の中に「Microsoft Print to PDF」というものがあったので、こちらも試してみたところ以下の様な表示となしました。

印刷メニューからPDF印刷する二つは、それほど違いはないようですが、若干「Microsoft Print to PDF」の方が端の線が目立たないように見えます。Word文書をPDF化するなら、「Microsoft Print to PDF」が最適な結果が得られるというのはありそうなことではありますが、長らくAcrobatを使い続けていて、そもそも「Microsoft Print to PDF」という選択肢が頭になかったので、今後はこちらを使用しようと思います。

関連記事

  1. Office2013ではアップグレード版がなくなる?

  2. Acronis True Image Home 2010(バック…

  3. Windows7のデスクトップが自動的に最新情報に更新されない!…

  4. 「日産 驚異の会議-改革の10年が生み落したノウハウ」を読んで

  5. Eye-Fi ProX2 16GBは便利です

  6. FastStone Capture

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,798,777 アクセス
ページ上部へ戻る