閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有価証券報告書の和暦表示はマイナーに
  2. 清流監査法人に対し行政処分を勧告
  3. 収益認識会計基準ー28社が早期適用【経営財務誌調べ】
  4. 三菱ケミカルホールディングスが任意でKAMの報告を受領
  5. 19年3月期決算短信、2Q予想開示取りやめが2.9ポイント増加
  6. 不動産鑑定士の鑑定評価額、相続税法上の時価と認められず
  7. 一定の短期払のがん保険も資産計上対象に
  8. 日本税理士会連合会が給与所得控除削減を求める
  9. 労働基準法上、賃金の一部または全部を外貨で支払うことは可能か?
  10. 東京都令和元年10月1日以後の外形標準課税の超過税率が決定
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

受取配当金の益金不算入額過大計上に要注意?

税務通信3553号の税務の動向に「受取配当金等の益金不算入額の過大計上に注意」という記事が掲載されていました。

この記事によれば、受取配当金等に係る法人税の申告にあたり、「非支配目的株式等」に該当する受取配当金等を誤って「その他の株式等」と区分して、益金不算入額を過大に計上しているケースが見受けられるとのことです。この点については、会計検査院の平成29年度決算検査報告でも指摘されているとのことで、件数としてはそれなりに多いようです。

「その他の株式等」に区分される場合には、益金不算入額は受取配当等×50%であるのに対して、「非支配目的株式等」に区分される場合には、受取配当等×20%が益金不算入額となります。

株式保有割合では、5%超3分の1以下が「その他の株式等」、5%以下が「非支配目的株式等」に該当することとなります。

それほど多くの間違いが生じるものだろうかという気はしますが、受取配当金の益金不算入額について「完全子法人株式等」、「関連法人株式等」、「非支配目的株式等」のいずれにも該当しないものが「その他の株式等」であるという説明を読むと、支配とか関係ない場合は「その他の株式」だろうと考えてしまうということなのかもしれません。

きちんと確認しないといけないとはいえ、上と下を定義してその間を「その他」とするのは、名称の付け方にも問題があったのではないかと思われます。

いずれにしても3月決算の申告では間違わないように注意しましょう。

関連記事

  1. 見積計上した費用は法人税法上加算すべきか(その2)

  2. 見積計上した費用は法人税法上加算すべきか(最終回)

  3. 支払先のイニシャル記載のみだと使途秘匿金?

  4. 平成27年度税制改正(その1)ー法人税関連

  5. 棚卸資産の評価方法を遡及修正して変更した場合の税務上の取扱い

  6. アンテナ設置収入は収益事業に該当-東京高裁判決

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,284,710 アクセス
ページ上部へ戻る