閉じる
閉じる
閉じる
  1. 届出漏れが原因で不支給となっていた手当は遡及して支払う必要があるか?
  2. KAMの個数は1個が7割超-経営財務誌調べ
  3. 短期前払費用特例適用の留意点
  4. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  5. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  6. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  7. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
  8. 社会保険等で引き続き押印が必要な手続きは何?
  9. 2020年4月~2021年6月に61社が減資関連の適時開示を実施
  10. 電子取引制度-Excel台帳でも検索要件を満たせるようです
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

受取配当金の益金不算入額過大計上に要注意?

税務通信3553号の税務の動向に「受取配当金等の益金不算入額の過大計上に注意」という記事が掲載されていました。

この記事によれば、受取配当金等に係る法人税の申告にあたり、「非支配目的株式等」に該当する受取配当金等を誤って「その他の株式等」と区分して、益金不算入額を過大に計上しているケースが見受けられるとのことです。この点については、会計検査院の平成29年度決算検査報告でも指摘されているとのことで、件数としてはそれなりに多いようです。

「その他の株式等」に区分される場合には、益金不算入額は受取配当等×50%であるのに対して、「非支配目的株式等」に区分される場合には、受取配当等×20%が益金不算入額となります。

株式保有割合では、5%超3分の1以下が「その他の株式等」、5%以下が「非支配目的株式等」に該当することとなります。

それほど多くの間違いが生じるものだろうかという気はしますが、受取配当金の益金不算入額について「完全子法人株式等」、「関連法人株式等」、「非支配目的株式等」のいずれにも該当しないものが「その他の株式等」であるという説明を読むと、支配とか関係ない場合は「その他の株式」だろうと考えてしまうということなのかもしれません。

きちんと確認しないといけないとはいえ、上と下を定義してその間を「その他」とするのは、名称の付け方にも問題があったのではないかと思われます。

いずれにしても3月決算の申告では間違わないように注意しましょう。

関連記事

  1. フリーレントの税務上の取扱

  2. 法人税の収益計上基準の原則は「引渡基準」

  3. 棚卸資産の評価方法を遡及修正して変更した場合の税務上の取扱い

  4. 役員退職慰労金の支給の税務

  5. 名義変更保険の節税が不可能になるようです

  6. 「自己株式として取得されることを予定して取得した株式」とは?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,298,178 アクセス
ページ上部へ戻る