閉じる
閉じる
閉じる
  1. スチュワードシップ・コードの再改訂内容を確認
  2. 3月決算6月末申告でも一定の対応で利子税が免除になるそうです
  3. 企業が従業員に支給するコロナ対応の見舞金は非課税の可能性
  4. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?(最終結果)
  5. 2020年3月決算会社-上場10社程度が継続会開催方針を決定
  6. フリーランス等に支払う立替経費には源泉徴収が必要というけれど・・・
  7. 雇用保険法の改正を確認(2020年改正)
  8. 役員報酬の自主返納と定期同額給与
  9. 数カ月間の役員報酬減額、戻した後の損金算入はどうなる?
  10. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

受取配当金の益金不算入額過大計上に要注意?

税務通信3553号の税務の動向に「受取配当金等の益金不算入額の過大計上に注意」という記事が掲載されていました。

この記事によれば、受取配当金等に係る法人税の申告にあたり、「非支配目的株式等」に該当する受取配当金等を誤って「その他の株式等」と区分して、益金不算入額を過大に計上しているケースが見受けられるとのことです。この点については、会計検査院の平成29年度決算検査報告でも指摘されているとのことで、件数としてはそれなりに多いようです。

「その他の株式等」に区分される場合には、益金不算入額は受取配当等×50%であるのに対して、「非支配目的株式等」に区分される場合には、受取配当等×20%が益金不算入額となります。

株式保有割合では、5%超3分の1以下が「その他の株式等」、5%以下が「非支配目的株式等」に該当することとなります。

それほど多くの間違いが生じるものだろうかという気はしますが、受取配当金の益金不算入額について「完全子法人株式等」、「関連法人株式等」、「非支配目的株式等」のいずれにも該当しないものが「その他の株式等」であるという説明を読むと、支配とか関係ない場合は「その他の株式」だろうと考えてしまうということなのかもしれません。

きちんと確認しないといけないとはいえ、上と下を定義してその間を「その他」とするのは、名称の付け方にも問題があったのではないかと思われます。

いずれにしても3月決算の申告では間違わないように注意しましょう。

関連記事

  1. 平成27年税制改正で予定される受取配当金の益金不算入額

  2. 節税保険-年度末の駆け込み契約に注意?

  3. 商品券は非行使部分の取扱いに注意-収益認識会計基準

  4. 見積計上した費用は法人税法上加算すべきか(その1)

  5. 役員退職慰労金の支給の税務

  6. 繰延税金資産は税務調査でも注目される?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,765,921 アクセス
ページ上部へ戻る