閉じる
閉じる
閉じる
  1. 無償交付も現物出資型のRSも退職給与としての取扱いは同様
  2. 重要な会計上の見積り開示項目-連結では平均1.7個
  3. 内部統制報告制度強化等は先送り
  4. 自宅兼事務所に必要経費、合理的であれば在宅勤務FAQの方法も可
  5. 電子取引データ保存、紙でも受領する場合の取扱いが明確に
  6. 「四半期開示」はどこに落ち着く?
  7. 電子取引データ保存・・・メールデータは範囲検索できなくてもよいらしい
  8. 株主総会資料の電子提供制度に対応する定款変更はいつ実施?
  9. インボイス制度導入により売手負担の振込手数料処理が煩雑になるらしい
  10. RSは退職給与として損金算入が認められない
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IFRS適用会社(予定含む)が225社に

2019年8月1日に東京証券取引所から”「会計基準の選択に関する基本的な考え方」の開示内容の分析”が公表されました。

2018年4月期~2019年3月期の東証上場会社合計3,639社(うち3月決算2,343社)の決算短信に記載された「会計基準の選択に関する基本的な考え方」を分析対象としたものとされています。

上記によると、2019年6月末時点でIFRS適用会社(予定を含む)は225社となっており、内訳はIFRS適用済会社198社、IFRS適用決定会社16社、IFRS適用予定会社11社となっています。

2018年6月末と比較すると全体で21社増と、2016年6月末~2018年6月末まで毎年30社超のペースで増加してきたことと比較すると2019年6月末の増加数は少なくなっています。

IFRS適用会社(予定まで含む)の時価総額は東証上場会社の時価総額605兆円に対して220兆円と36%(前年比3%増)を占める規模となっており、JPX日経インデックス400(397社)に占める割合は44%(前年比4%増)と半分に近い水準になっています。

IFRS適用会社数の伸びが落ちてきているのか、2019年6月末までの直近1年間はたまたま少なかったのかは、1年だけの状況ではなんとも言えないものの、JPX日経インデックス400の銘柄で約半分がIFRS適用会社という状況になってきていることを考えると、傾向としては新規適用社数は減少していくのではないかと思われます。

IFRS適用会社300社が当初の目標であったと記憶していますが、このペースでいけば、あと3~4年で当初の目標に到達する計算となります。

IFRS適用を検討する前に、時価総額が小さな東証一部上場会社は、市場再編後に上の市場にの超えれるのか否かの方が気になって仕方が無いと思われます。

関連記事

  1. IFRS任意適用10社目は楽天-2013年12月期第1四半期より…

  2. 三井物産が2014年3月からIFRSを任意適用-これで25社目

  3. IFRSにおける有給休暇引当金の参考事例

  4. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に

  5. 「M&A、費用計上の義務化検討 国際会計基準」-日経新聞より

  6. IFRSの任意適用要件が緩和の方向へ




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,580,610 アクセス
ページ上部へ戻る