閉じる
閉じる
閉じる
  1. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  2. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  3. 四半期開示は結局どうなる?
  4. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  5. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  6. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  7. 任意の会計監査人
  8. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
  9. 確定申告期限の一律延長は実施せずとも、簡易な方法で延長可
  10. 公認会計士・監査審査会、仁智監査法人に2度目の行政処分勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

即時充当によるキャッシュレスに係る消費税の仕入税額控除の処理

半月ほど前に税務通信で取り上げられていた記事に関連して”キャッシュレス決済ポイント還元と仕入税額控除”について書きましたが、その後2019年11月22日に国税庁から「即時充当によるキャッシュレス・消費者還元に係る消費税の仕入税額控除の考え方」が明らかにされていました。

結論としては、即時充当の場合には、基本的に即時充当によるキャッシュレス・消費者還元を受けた場合であっても、商品対価の合計額が「課税仕入れに係る支払対価の額」になるとされています。

ただし、自社ポイントのように、商品等の購入の際のポイント利用が「値引き」となる場合には、「値引き後の金額」が「課税仕入れに係る支払対価の額」になるとされています。

消費者からすると経済的な効果は同じだと思いますが、
・即時充当の場合・・・還元前の金額が「課税仕入れに係る支払対価の額」
・ポイント利用(値引き)の場合・・・値引き後の金額が「課税仕入れに係る支払対価の額」
となるとのことです。

「即時充当によるキャッシュレス・消費者還元に係る消費税の仕入税額控除の考え方」では例として以下が掲載されています。

そもそも取扱いが異なるという時点で厄介ですが、上記の【ポイント利用(値引き)】でポイント値引き▲21は軽減税率対象分とそれ以外にどう按分するのかについて、上記資料では「商品等を購入した事業者においては、レシートの表記から「課税仕入れに係る支払対価の額」を判断して差し支えありません。」と記載されています。

上記の例でいえば、「8%タイショウ 530円」「10%タイショウ 539円」を元に判断してよいということだと考えられます。

一方、上記の例で、即時充当の場合の▲21をどう処理するのかについては特に触れられていませんが、前回取り上げた税務通信の記事では雑収入(不課税収入)となると考えられる旨が示されています。

間違わないように注意しましょう。

関連記事

  1. 軽減税率対応のPOSレジでも誤った処理の可能性?

  2. 自動車保険の免責部分は消費税の課税対象?(追記)

  3. 太陽光発電電力の売却と消費税

  4. 消費税引き上げに伴う経過措置-工事の請負等(最終回)

  5. 課税売上割合に準ずる割合とは?(その2)

  6. 消費税額の変更契約書と印紙税の関係




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,888,505 アクセス
ページ上部へ戻る