閉じる
閉じる
閉じる
  1. 事業報告等と有報の一体的開示と一体開示
  2. 特例措置の雇用調整助成金の益金算入時期
  3. 新型コロナウイルス感染拡大により本社移転件数は増加している?
  4. 在宅勤務にみなし労働時間制を適用できるか
  5. 2021年4月1日から総額表示への切替えはそれほど厳格に求められないら…
  6. 2020年のIPOは13年ぶりの高水準
  7. 国税庁から在宅勤務にかかる費用負担等に関すFAQが公表されました
  8. 棚卸立会もリモートで実施可能?
  9. 令和2年分の給与支払報告書は前倒しで提出したほうがよいらしい
  10. 改正会社法施行日前に取締役の報酬等の決定方針を決議する必要があるそうで…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

即時充当によるキャッシュレスに係る消費税の仕入税額控除の処理

半月ほど前に税務通信で取り上げられていた記事に関連して”キャッシュレス決済ポイント還元と仕入税額控除”について書きましたが、その後2019年11月22日に国税庁から「即時充当によるキャッシュレス・消費者還元に係る消費税の仕入税額控除の考え方」が明らかにされていました。

結論としては、即時充当の場合には、基本的に即時充当によるキャッシュレス・消費者還元を受けた場合であっても、商品対価の合計額が「課税仕入れに係る支払対価の額」になるとされています。

ただし、自社ポイントのように、商品等の購入の際のポイント利用が「値引き」となる場合には、「値引き後の金額」が「課税仕入れに係る支払対価の額」になるとされています。

消費者からすると経済的な効果は同じだと思いますが、
・即時充当の場合・・・還元前の金額が「課税仕入れに係る支払対価の額」
・ポイント利用(値引き)の場合・・・値引き後の金額が「課税仕入れに係る支払対価の額」
となるとのことです。

「即時充当によるキャッシュレス・消費者還元に係る消費税の仕入税額控除の考え方」では例として以下が掲載されています。

そもそも取扱いが異なるという時点で厄介ですが、上記の【ポイント利用(値引き)】でポイント値引き▲21は軽減税率対象分とそれ以外にどう按分するのかについて、上記資料では「商品等を購入した事業者においては、レシートの表記から「課税仕入れに係る支払対価の額」を判断して差し支えありません。」と記載されています。

上記の例でいえば、「8%タイショウ 530円」「10%タイショウ 539円」を元に判断してよいということだと考えられます。

一方、上記の例で、即時充当の場合の▲21をどう処理するのかについては特に触れられていませんが、前回取り上げた税務通信の記事では雑収入(不課税収入)となると考えられる旨が示されています。

間違わないように注意しましょう。

関連記事

  1. 保守契約の前受金を収益計上する際の消費税-国税庁Q&A…

  2. メルカリの仕入税額控除否認のロジックとは?

  3. 消費税法上の「事業」に規模は関係ない

  4. 国際取引と消費税(その2)-内外判定1

  5. ムゲンエステートがマンション仕入控除訴訟で敗訴-東京地裁

  6. 合理的見積計上による損金経理も可能-控除対象外消費税

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,594,316 アクセス

ページ上部へ戻る