閉じる
閉じる
閉じる
  1. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  2. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  3. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  4. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  5. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  6. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  7. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
  8. GoToトラベル-出張費を総額精算でも給与課税なし
  9. 公認会計士協会への会費は商事時効では消滅しない
  10. 主要な日本企業 継続監査期間が60年超は7社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

レジ袋の売上寄附と仕入控除の用途区分

税務通信3607号のショウウインドウに「レジ袋の売上寄附と仕入控除の用途区分」という記事が掲載されていました。

2020年7月1日より、スーパーやコンビニで商品販売時に使用されるレジ袋が有料化されることとなっています。この制度の仕組みをほとんど理解していませんでしたので、税務通信の記事のタイトル自体が意味不明だったのですが、この制度では、レジ袋の価格や売上の使途を制度の趣旨や目的を踏まえた上で事業者が決められ、そのレジ袋の売り上げを環境保全事業等に寄附することも想定されているとのことです。

そして、事業者がレジ袋の売上を寄附する前提で、レジ袋を仕入れた場合に、その仕入は消費税の仕入税額控除の用途区分上どのように取り扱われるのかですが、これは「”課税売上対応”となるようだ」というのがこの記事の主なポイントでした。

寄附するために仕入れた物品の消費税の用途区分は通常共通対応となるものの、レジ袋そのものを寄附するわけではないため、レジ袋の売上は課税売上となり、レジ袋に係る仕入は課税売上対応となるだろうとのことです。

買手側として考えると、来客用の飲料をコンビニで購入するというようなケースはそれなりにあると思います。このような場合、レジ袋分だけ10%、残りは軽減税率8%で処理が必要となることも考えられ、数円のために1行仕訳が必要となるというのは結構面倒だと思います。

もっとも、すでにレジ袋が有料化されているスーパー等も相当数見受けられるので、個人的に遭遇していなかっただけで、実務上は煩雑な仕訳処理を行っているケースもそれなりにあるのだと思います。

買手側としては、基本的に金額的に大きな影響が生じることはないと考えられるものの、正しく処理するには、少し注意が必要となりそうです。エコバックを使用すればよいというだけといえば、それだけなのですが・・・

関連記事

  1. 消費税(その3)-個別対応方式の用途区分1

  2. 国際取引と消費税(その4)-輸出免税等

  3. 消費税「総額表示義務の特例」とは?

  4. 福祉車両の消費税を利用した租税回避行為が横行しているそうです。

  5. 国際取引と消費税(その3)-内外判定2

  6. 消費税引き上げに伴う経過措置-工事の請負等(その2)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,362,282 アクセス

ページ上部へ戻る