閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

在外子会社の使用権資産のBS表示科目

在外子会社がIFRS16を適用し、使用権資産を計上している場合に日本基準を適用している親会社のBSではどのように表示するのかが気になったので確認してみました。

2020年3月期からすでに存在した論点のはずなので確認してみると、EY新日本有限責任監査法人のサイトで、「使用権資産」の表示については以下の方法が考えられるとされていました。

(1)有形固定資産として表示する場合
①有形固定資産の「使用権資産」として表示
②有形固定資産の「その他」として表示する(別掲するほどの重要性がない場合)
③有形固定資産のそれぞれの科目に含めて表示(従来からそれぞれの科目に含めていた場合)
④有形固定資産の「リース資産」に含めて表示(従来からそれぞれの科目に含めず、「リース資産」として表示していた場合)

(2)無形固定資産として表示する場合
①無形固定資産の「使用権資産」として表示
②無形固定資産の「その他」として表示する(別掲するほどの重要性がない場合)

そして、上記の表示方法が重要な場合には、会計処理が異なることから生じる表示方法に関して、連結財規ガイドライン13-1-4の取扱いに準じて、一定の注記を付すことも考えられますとされています。

さて、2020年3月期の有価証券報告書(連結BS)を検索してみると、BSに「使用権資産」という科目を用いている日本基準適用会社は58社がヒットしました。

一方で、会計方針の注記で「使用権資産」で検索してみると214社がヒットしました。したがって、BS科目の表示としては「その他」あるいは各科目に含めて計上しているというケースの方が多いものと推測されます。

リース取引関係の注記において、使用権資産の表示科目について記載している会社が10社程度存在し、例えば、以下の様な事例が存在しました。

・日本電子航空電子工業
当該使用権資産は、当連結会計年度の連結貸借対照表において、「建物及び構築物(純額)」及び「土地」に含めて表示しております。

・アイカ工業
なお、当該使用権資産は、当連結会計年度の連結貸借対照表において、「リース資産」に含めて表示しております。

・ローム
当連結会計年度よりIFRS16号「リース」を適用しているため、当連結会計年度の連結貸借対照表において「有形固定資産」の「その他」に表示しております。

・相鉄ホールディングス
当連結会計年度よりIFRS16号「リース」を適用しているため、当連結会計年度の連結貸借対照表において「有形固定資産」の「使用権資産」に表示しております。

結局のところ、いずれを選択するのかは会社次第ということになるようですが、「リース資産」については連結財規26条1項4号で「連結会社がファイナンス・リース取引におけるリース物件の借主である資産であって・・・」とあるので、この方法を採用する場合は、オペレーティング・リースに該当するリース取引に対する使用権資産が含まれないようにする必要があるということになります。

データ収集等の便宜を考えると、重要性に応じて「使用権資産」か「その他」で表示するというのがよいのではないかと個人的には思います。

関連記事

  1. 電子記録債権とは??-表示も気になります(その1)

  2. 監査法人の継続監査期間開示、早期適用は83社

  3. 「四半期開示」はどこに落ち着く?

  4. 有価証券報告書等の提出遅延による上場廃止は過去五年で4社だそうで…

  5. 決算短信の業績予想開示に自由記載形式が認められました

  6. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,145,103 アクセス
ページ上部へ戻る