閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

米国SECが内部通報者に過去最高の報奨金を支払うそうです。

経営財務3480号の【海外会計トピックス】(公認会計士:飯田信夫氏)の一つに「SEC:内部通報で報酬金最高額更新」という記事が掲載されていました。

過去最高額の報奨金とはいくらかですが、1億1400万ドル(約120億円)だそうです。この報奨金の内訳は、内部通報者1名が5200万ドル(約55億円)、もう1名が6200万ドル(約65億円)とのことです。

内部通報者保護のため、報奨金支払対象となった内容等についての概要等は秘密とされていますが、報奨金は課徴金の10%~30%とされているので、逆算すると相当多額の案件であることがわかるとされています。

ちなみに、従来の最高額は2020年6月に公表された5000万ドル(約53億円)であったとのことです。

内部通報による報奨金性では2012年に発足したとされ、いままで個人108名に合計約6億7600万ドル(約710億円)の報奨金が支払われているそうです。

報奨金は、課徴金の10%~30%相当ということなので、課徴金の金額自体が大きいということではありますが、それにしても、内部通報で数十億の報奨金が支払われるというのは日本人の感覚からすると理解しにくい部分ではないかと思います。

報奨金の多寡が、内部通報の有効性にどれくらい影響するのかは定かではないので、対象者が8年間で108名をどう解釈すべきかは難しいですが、内部通報が有効に機能しているうえで、件数がある程度限られているということであってもらいたいと思います。

関連記事

  1. 条文の読み方(その4)-「係る」と「関する」

  2. 借地権とは?(その1)

  3. 法務省等が押印についてのQ&Aがを公表ー判子はそれほど…

  4. 法務省から株主リストの記載例が公表されました

  5. 追徴可能なのに無体財産の没収手続が重要なのは何故?-金商法改正

  6. 改正個人情報保護法(その1)ー施行日等




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,158,205 アクセス
ページ上部へ戻る