閉じる
閉じる
閉じる
  1. YouTuberへのロイヤルティに係る源泉徴収は外税控除不可
  2. 監査工数の増加等を理由に監査人交代で大手が後任に
  3. 会計限定監査役への損害賠償請求事件が最高裁へ
  4. オーナー企業の上場会社の常勤(?)監査役がオーナー一族は支持されるのか…
  5. 「人材確保等促進税制」Q&A等が公表されていました(経済産業…
  6. 寡夫控除の所得要件を憲法違反と争うも敗訴
  7. 電子取引データの電子保存、改正法施行日までに準備期間足りず?
  8. ISDN廃止に伴う移行費用の税務上の取り扱い
  9. 監査報告書のXBRLタグ付けに要注意
  10. ISSがバーチャルオンリー株主総会開催のための定款変更に反対推奨
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

米国SECが内部通報者に過去最高の報奨金を支払うそうです。

経営財務3480号の【海外会計トピックス】(公認会計士:飯田信夫氏)の一つに「SEC:内部通報で報酬金最高額更新」という記事が掲載されていました。

過去最高額の報奨金とはいくらかですが、1億1400万ドル(約120億円)だそうです。この報奨金の内訳は、内部通報者1名が5200万ドル(約55億円)、もう1名が6200万ドル(約65億円)とのことです。

内部通報者保護のため、報奨金支払対象となった内容等についての概要等は秘密とされていますが、報奨金は課徴金の10%~30%とされているので、逆算すると相当多額の案件であることがわかるとされています。

ちなみに、従来の最高額は2020年6月に公表された5000万ドル(約53億円)であったとのことです。

内部通報による報奨金性では2012年に発足したとされ、いままで個人108名に合計約6億7600万ドル(約710億円)の報奨金が支払われているそうです。

報奨金は、課徴金の10%~30%相当ということなので、課徴金の金額自体が大きいということではありますが、それにしても、内部通報で数十億の報奨金が支払われるというのは日本人の感覚からすると理解しにくい部分ではないかと思います。

報奨金の多寡が、内部通報の有効性にどれくらい影響するのかは定かではないので、対象者が8年間で108名をどう解釈すべきかは難しいですが、内部通報が有効に機能しているうえで、件数がある程度限られているということであってもらいたいと思います。

関連記事

  1. SMBC日興証券の元社員がインサイダー取引関与の疑いで逮捕

  2. 条文の読み方(その1)-「及び」「並びに」

  3. 新株予約権の放棄と登記

  4. 改正個人情報保護法(その1)ー施行日等

  5. バーチャルオンリー型株主総会の特例等が国会へ

  6. 条文の読み方(その2)-「又は」「若しくは」

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,172,836 アクセス
ページ上部へ戻る