閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  2. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  3. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  4. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  5. 四半期開示は結局どうなる?
  6. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  7. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  8. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  9. 任意の会計監査人
  10. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

名義変更保険の節税が不可能になるようです

節税を目的とした納税者に有利と思える保険については、随分制限されてきた印象がありますが、今度は、法人契約の逓増定期保険を個人に名義変更した際の税務上の取扱いを見直すことが検討されているとのことです(T&A master No.878「”名義変更保険”使った節税封じ込めへ」)。

これは巷では「名義変更プラン」と呼ばれているもので、「当初法人が契約し、一定期間保険料を支払った後、解約返戻率が低い期間に、法人が払い込んだ保険料よりもはるかに定額で当該保険契約を法人の役員または使用人に名義変更(売却)するというもの」で、これにより、法人には譲渡損失が発生することになります。

このような保険を国税庁は問題視しており、「解約返戻金が法人税基本通達9-3-5の2(定期保険等の保険用に相当多額の前払部分の保険料が含まれる場合の取扱い)に基づく資産計上額の『70%相当額未満』であれば、解約返戻金ではなく「資産計上額」で売却したことと取扱う方向で検討している」とのことです。

現状においては、所得税基本通達36-37(保険契約等に関する権利の評価)に基づき、「保険の買取金額=解約返戻金」となっており、この通達が見直されることになるようです。

ここで注意したいのは、上記の見直しが図られた場合に適用となるのはいつからかという点です。

この点については、「『2019年7月8日以降』に契約された名義変更プランを、新たな取扱いの施行日以降に名義変更した場合に適用されることが有力となっている」そうです。なお、施行日は今年6月になることが予想されるとのことです。

2019年7月8日は、全損保険の損金算入を制限する改正通達が施行された日で、上記のとおりに改正され施行された場合には、全損保険がだめになったので名義変更プランを選択したというような場合に想定とは異なった状況となると思いますので注意が必要です。

関連記事

  1. 損害賠償金の税務上の取扱い(その1)-原則的な考え方

  2. 繰延税金資産は税務調査でも注目される?

  3. 法人住民税の無償増減資の加減算措置を再確認

  4. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?

  5. 商品券は非行使部分の取扱いに注意-収益認識会計基準

  6. 平成30年度税制改正を確認-法人税(その2)




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,909,673 アクセス
ページ上部へ戻る