閉じる
閉じる
閉じる
  1. 令和4年度税制改正で少額固定資産の損金算入制度が見直し?
  2. 個人会計士事務所では上場会社の監査ができなくなるそうです
  3. 令和5年度税制改正では法人税増税?
  4. 免税事業者の適格請求書発行事業者登録日で2年縛りに違いが生じる?
  5. 2023年3月以降開催総会から総会資料の電子提供開始
  6. 平均監査報酬は微増 監査実施状況調査(2020年度)
  7. 改正電子取引 宥恕規定制定の状況は?
  8. 契約負債に流動固定分類は不要?
  9. 改正電子帳簿保存法 電子取引に宥恕規定が設けられるようです
  10. 会計士CPE履行要件を満たさない場合は登録抹消も視野に検討
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?

定年後再雇用というのは一般的によく行われていることですが、定年後に付与される年次有給休暇は、再雇用後6ヶ月経過時に10日とするのか、従来の勤務期間を通算した日数(20日であることが多い)にすべきかという質問を受けることがあります。

結論としては、定年前の勤続年数を通算した日数で付与すべきということになっています。

この点に関しては、行政解釈(昭63.3.14 基発150号)において以下のように述べられています。

継続勤務か否かについては、勤務の実態に即し実質的に判断すべきものであり、次に掲げるような場合を含むこと。この場合、実質的に労働関係が継続している場合に限り勤続年数を通算する。
イ 定年退職による退職者を引き続き嘱託等として再採用している場合(退職手当規程に基づき、所定の退職手当を支給した場合を含む。)ただし、退職と再採用との間に相当期間が存在し、客観的に労働関係が断続していると認められる場合はこの限りではない。

退職金が支給されたり、給料が減額されたりしますが、年次有給休暇の付与日数を考える場合の勤続期間としては、「客観的に労働関係が断続していると認められる場合」を除き通算しなければならないということです。

定年退職をむかえる従業員は、年次有給休暇の付与日数が20日となっていることが多いため、仮に勤続期間をリセットして考えてしまうと日数が10日と大きく減少することに加え、付与のタイミングも遅くなる可能性もあり、いらぬトラブルを招く可能性があるので注意しましょう。

ちなみに、定年再雇用の場合、給料が減額となることが多いと思いますが、厚生年金保険料については、事業主が保険者資格喪失届及び被保険者資格取得届を同時に年金事務所へ提出することによって、再雇用された月から再雇用後の給与に応じた標準報酬月額に決定することができるという特別の取扱いがありますので、こちらも忘れずに対応するようにしましょう。

関連記事

  1. 時間単位年次有給休暇の繰越

  2. なんとなく日本の将来が暗く思えるメルマガ

  3. 学生バイトが学校から移動中に災害にあった場合に通勤災害となるか?…

  4. 消費者庁、育休取得で上司同僚も評価アップの新制度・・・

  5. 電通違法残業裁判-求刑「罰金50万」は何故?

  6. 精神障害を事由とする労災申請(その3)




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,660,145 アクセス
ページ上部へ戻る