閉じる
閉じる
閉じる
  1. キャッシュレスポイント還元事業で国に賠償命令が下されたそうです
  2. 株式交付(その4)-株式交付計画の記載事項
  3. 短期退職手当等Q&Aでポイントを確認
  4. 少額短期保険は生命保険料控除の対象外はなぜ?
  5. 研究開発費(試験研究費)税制における人件費の専ら要件
  6. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  7. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  8. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  9. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  10. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

監査工数の増加等を理由に監査人交代で大手が後任に

経営財務3510号の適時開示ニュースの一つに「4社で会計監査人の異動(5月31日など)」というものがありました。

4社の中の一つが外食チェーンを展開するフレンドリー(東二)に関するもので、仰星監査法人に代わり、有限責任監査法人トーマツが就任するとされています。

フレンドリーは、2018年6月に株式会社ジョイフル(福証)の子会社となっており、ジョイフルの会計監査人はトーマツなので、会計監査人を親会社と合わせるという意味ではよくあることではあります。

一方で、珍しいと感じたのは、現任の仰星監査法人の退任理由について、この記事では「同社に対する監査工数の増加等に対応することで、現状の生産性と品質の維持が困難になるため、任期満了をもって契約更新を差し控えたい旨の申出を受けた」と述べられていた点です。

通常このような退任理由の時に、大手監査法人が後任監査人として就任することは少ないと思います。親子会社で同じ監査人であっても、ジョイフル自身が上場会社ですので、監査としてやるべきことは基本的にそれほど変わらないと考えられることからすれば、監査には同じような時間を要すると考えられますので、原則的にこのようなケースを大手が引き取ることはあまりないと思います。

しかしながら、仮に連結財務諸表の一部を構成する上場子会社の監査を、親会社の監査人が契約できないと判断したとなれば、それはそれで連結財務諸表の監査上、子会社の監査に疑義が生じることとなりますので、親会社の監査人としては引き受けるという選択肢しかないということかもしれません。

同社の有価証券報告書によると、監査報酬は前期、前々期は15,700千円で据え置き、当期は総会招集通知によると17,300千円に増加しています。

監査人交代後、次期の監査報酬の水準にも注目です。

関連記事

  1. 損害賠償によりGC注記-KIホールディングス

  2. KAMに関連して監査報告書の訂正が7件あったそうです

  3. 法定実効税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の開示例(そ…

  4. 18年3月期は定額法から定率法に減価償却方法を変更した会社が1社…

  5. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計…

  6. 18年3月期改正税効果を早期適用した会社の注記はどんな感じ?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,507,566 アクセス
ページ上部へ戻る