閉じる
閉じる
閉じる
  1. キャッシュレスポイント還元事業で国に賠償命令が下されたそうです
  2. 株式交付(その4)-株式交付計画の記載事項
  3. 短期退職手当等Q&Aでポイントを確認
  4. 少額短期保険は生命保険料控除の対象外はなぜ?
  5. 研究開発費(試験研究費)税制における人件費の専ら要件
  6. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  7. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  8. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  9. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  10. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

自社株等対価M&A特例適用第1号はGMOインターネット

T&A master No.887に「GMO、現金+SOで自社株対価M&A特例」という記事が掲載されていました。

この記事によると、改正会社法で導入された株式交付をGMOインターネット(東証一部)とEストアー(JASDAQ) の2社が実施したとのことです。

両社とも簡易株式交付(株式交付親会社の純資産の20%までの財産交付にとどまる株式交付)によるものとされていますが、被買収企業株主における株式の譲渡損益の繰延の適用を受けることができるのは、GMOインターネットのみのため、GMOインターネットが当該特例適用第一号となったとされています。

この特例は令和3年度税制改正として株式対価M&Aを促進するための措置が創設されたことによるもので、一定の要件を満たせば、被買収企業の株主における株式の譲渡損益の繰延が認められるというものです。

譲渡損益の繰延が認められるためには、対価として交付を受けた資産の価額のうち、「株式交付親会社株式以外の資産」の割合(混合対価割合)が20%以下であることが必要とされていますが、Eストアーはこの要件を満たさないので課税の繰延の特例が適用されないとのことです。

すなわち、同社の実施した株式交付における株式対価の総額は「39,109,775円」、現金対価の総額は「91,257,600円」とされていることから、混合対価割合「91,257,600/(39,109,775+91,257,600)」が約70%となり20%を上回るため課税繰延の要件を満たさないとされています。

一方で、GMOインターネットが実施した株式交付では、「株式交付親会社株式以外の資産」として現金のほか、新株予約権が交付されているものの、混合対価割合が20%以下にとどまっているため、こちらは課税の繰り延べ特例の対象となるとされています。

一般論としては課税を繰り延べられるなら繰り延べた方が有利ということが多いと考えられるものの、事情はそれぞれだと思いますので、課税される(あるいは繰延べられる)が事前にきちんと想定できているということがより重要だと考えられます。

上場会社にとっては使い勝手のよい仕組みだと思いますので、今後、多くの事例がでてくることが想定されます。

関連記事

  1. クラウドサービス初年度利用料が高く設定されている場合の税務上の取…

  2. 「自己株式として取得されることを予定して取得した株式」とは?

  3. 過年度損失の当期損金性と公正処理基準の関係

  4. 収益認識基準-法人税と消費税で取扱いに差

  5. 200%定率法も平成24年4月1日以降取得分から適用開始

  6. 会社役員賠償責任保険と費用負担

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,507,554 アクセス
ページ上部へ戻る