閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  2. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  3. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  4. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  5. 四半期開示は結局どうなる?
  6. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  7. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  8. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  9. 任意の会計監査人
  10. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

株主総会資料の電子提供制度に対応する定款変更はいつ実施?

2021年10月22日に全国株懇連合会から定款モデルの改正が公表されました。令和元年改正会社法により、上場会社に義務付けられる「株主総会資料の電子提供制度」に対応する改正となっています。

全国株懇連合会から公表された「株主総会資料の電子提供制度に係る定款モデルの改正について」によると、現行定款モデルの第15条「(株主総会参考書類等のインターネット開示とみなし提供)」の定めを削除し、新たに第15条として「(電子提供措置等)」として以下のように定めるモデルとなっています。

第15条 当会社は、株主総会の招集に際し、株主総会参考書類等の内容である情報について、電子提供措置をとるものとする。
2 当会社は、電子提供措置をとる事項のうち法務省令で定めるものの全部または一部について、議決権の基準日までに書面交付請求した株主に対して交付する書面に記載しないことができる。

電子提供に係る規定の施行日は、現時点で明らかになっていないので、これはどのタイミングで定款変更しておかなければならないのかが問題となりますが、結論としては「2022年3月総会から電子提供制度に伴う定款変更議案が付議されることになると考えられる」とされています。

また、「2022年2月総会までに先取りして定款変更議案を付議することも差し支えありません」とされていますが、この場合は、効力発生日等に関する附則を設ける必要があるとのことです。

なお、施行日から6か月以内の日を株主総会の日を株主総会の日として株主総会を招集するときは、電子提供制度の適用ができないとされているため、「仮に2022年9月1日を施行日とすると、2023年3月総会から電子提供制度が適用されることになる」とのことです。

関連記事

  1. 改正会社法(その6)-会計監査人関連の改正

  2. 未作成だと会社法による計算書類等の謄本請求も効果なし?

  3. 当初総会でも前事業年度の配当可能限度額内であれば配当決議可(継続…

  4. 計算書類の追加情報は強制or任意?-期末日満期手形は開示が必要か…

  5. 株式交付制度(その2)-疑問点の確認

  6. 計算書類の追加情報は強制or任意?-期末日満期手形は開示が必要か…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,909,407 アクセス
ページ上部へ戻る