閉じる
閉じる
閉じる
  1. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  2. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  3. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  4. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  5. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  6. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  7. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
  8. 内部統制報告制度の見直しが審議、年内に方向性が出されるそうです。
  9. Iの部に添付される監査報告書のサインを電子署名にしたらどうなる
  10. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも

もう間もなく所得税の確定申告の申告期限となりますが、副業の損失を事業所得に係る損失として給与所得等と通算したところ、課税当局から「雑損失」であるとして通算を否認されるケースが発生しているとのことです(T&A master NO.920)

近年、副業を容認あるいは推奨する企業が増加しており、実際副業を行っている人も増えているようですが、そんなに簡単に儲かるわけはありませんので、赤字となっているケースも少なくないと思います。

個人事業の場合、事業所得の損失は給与所得と損益通算することが可能ですが、近年納税者が副業の損失を事業所得に係る損失であるとして申告し、給与所得と通算していたところ、課税当局から「当該損失は雑損失であるため、給与所得等とは通算できない」と指摘をうけるケースが発生しているとのことです。

では、事業所得となるかどうかはどのように判断するかですが、一般的には「業務に費やした精神的・肉体的労力の程度、業務のための人的・動的設備の有無、投下資本の調達方法、その者の職業(職歴)社会的地位、生活状況及び当該業務から相当程度の期間継続して安定した収益が得られる可能性が存するか否か等を総合的に検討し、一般社会通念に照らして判断する」こととされているとのことです。

副業で多額の損失を給与所得等を損益通算しているような場合は慎重に検討する必要がありそうです。

関連記事

  1. 年末調整後に配偶者の合計所得見積額が違っていたと従業員が申告して…

  2. 通勤手当と消費税・所得税の関係

  3. 復興特別所得税の区分処理方法(その2)

  4. 共有持分の放棄により取得した資産を譲渡したときの譲渡所得計算時の…

  5. 重加算税の対象となる「特段の行動」とは

  6. 個人事業者の接待交際費、必要経費か否かの分岐点とは?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,283,339 アクセス
ページ上部へ戻る