閉じる
閉じる
閉じる
  1. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  2. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  3. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  4. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  5. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  6. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  7. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
  8. 内部統制報告制度の見直しが審議、年内に方向性が出されるそうです。
  9. Iの部に添付される監査報告書のサインを電子署名にしたらどうなる
  10. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?

来年10月から導入されるインボイス制度への対応に向けて、システム対応や取引先の登録状況の確認などが始まっていますが、タクシー業界の対応について、税務通信3726号の税務の動向で取り上げられていました。

支払側の法人からすると、接待で利用する飲食店も同じような問題を抱えていますが、タクシーも使用してみたら適格請求書発行事業者でなかったという場合に費用負担が重くなってしまうということが起こりえます。

税務通信の記事によると、「タクシー会社は売上規模的に現在も課税事業者になっていることがほとんど」であるものの、「個人事業者のタクシーは売上規模から免税事業者であることが多」いとされています。

個人的には、乗り心地のよい車を使用していることが多いことなどから個人タクシーを意図的選ぶようなことがよくあるので、会社の経費でタクシーを使う場合はむしろ個人タクシーを避けなければならなくなるのかもしれません。

この点、”タクシー業を営む個人事業者で構成する「(一社)全国個人タクシー協会」によれば、利用者に配慮し、基本的には個人タクシー事業者へ一律にインボイス登録をする方向で指導を進めている”とのことです。よって、制度が始まってみれば、ほとんどが適格請求書発行事業者となっているということなのかもしれませんが、登録はあくまで任意のはずですので、100%ということもないと考えられます。

上記の記事では、”「(一社)全国個人タクシー協会」によれば、例えばタクシーの“表示灯”において、一目でインボイス交付に対応したタクシーであるか否かがわかる表示をするといったことを検討しているようだ”とのことです。

よって乗車前にインボイス登録の有無を確認できるようになるようです。いままであまり考えていませんでしたが、事業者側としては、従業員に対してインボイス登録をしたタクシーや飲食店を利用するような指導もしていかなければならないと改めて気づきました。

関連記事

  1. 国境を越えた役務提供に対する内外判定基準が見直しへ

  2. 「課税売上にのみ要するもの」とは具体的にどんなもの?

  3. 現物出資と消費税

  4. 国際取引と消費税(その3)-内外判定2

  5. GoToトラベルの経理処理ー代金全額が課税仕入れ

  6. 消費税法上の「事業」に規模は関係ない




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,285,968 アクセス
ページ上部へ戻る